まおよしパパのブログ

年子パパ&医師ブロガー&投資家ランナーによるお役立ち情報発信ブログ

【中堅医師から研修医へ伝えたい】研修医でも株式投資をやるべきか?

デジタル マーケティング, ソ, Google, Emarketing, Sem, Serp, ビジネス

 

研修医の同期が株やFXしているけど、自分もやった方がいいのかな?

 

こんなお悩みにお答えします。

 

結論からいきます。

 

「研修医が株式投資をする時間があるなら患者さんを診た方が資産は増えます」

 

ということです。

 

研修医時代に株式投資を始めるべきか?

ファイナンス, 株取引, デイトレード, ウォール街, 投資家, お金, 富, リッチ, トレーダー

一社会人としての資産運用

 

研修医になるということは、医者にもなると同時に社会人にもなるということです。

 

自らが働いて得た給料で生計を立てていくことになります。

 

医者としても学ばないことが多々ある一方で、

 

  1. 給料の何割を生活費にあてるのか
  2. 給料の何割を貯金するのか
  3. 給料の何割を自己投資にあてるのか

 

といった一社会人としての家計管理なども学ばなくてはならない大切な時期です。

 

貯金さえしていればよかった時代は終わり、現在は資産運用もしていかなくてはならない時代になりました。

 

その点で、資産運用の基礎となる部分は研修医でもしっかり学ぶべきと考えます。

 

まずは証券口座の開設が資産運用の第一歩です。

 

研修医で証券口座を開設するのであれば、医学書購入も可能な楽天経済圏の恩恵を受けられる楽天証券をオススメします。

 

 

やるとしても「つみたてインデックス投資」まで

 

証券口座を開設したら、つみたてNISAでインデックス投資を始めましょう。

 

つみたてNISAもインデックス投資もググれば情報が山ほど出てきます。

 

投資額はつみたてNISA満額の年40万円で十分です。

 

これ以上のお金を投資につぎ込む余裕があるのであれば、教科書代やセミナーに使ってください。

 

間違ってもブランド品の購入や意味のない飲み会費用に使ってはいけません。

 

インデックス投資を始めるうえで大切なことはインデックス投資について勉強しすぎないことです。

 

インデックス投資について勉強する時間があれば、論文や医学書を読んでください。

 

ちなみにオススメの投資信託は次の3つです。

 

  1. eMAXIS Slim 米国株式
  2. eMAXIS Slim 全世界株式
  3. 楽天全米株式インデックスファンド

 

無理を承知で言いますが、インデックス投資を始めたことを忘れるくらい毎日の診療を頑張ってください。

 

なぜこんなことを言うのかは、インデックス投資を続けていれば数年後に分かると思います。今は分からなくて大丈夫です。

 

どうしても分かりたいのであれば、これだけ覚えておいてください。

 

インデックス投資が上手くいっている人の特徴です。

 

  1. 既に亡くなられた人
  2. 投資をしたことを忘れている人

 

つまるところ、インデックス投資はほったらかしが正解だからです。

 

 

個別株投資やFXはやりすぎ

 

多くの批判や炎上覚悟で申します。

 

個別株やFXで資産運用をするのであれば、研修医を辞める覚悟で行った方がいいと思います。

 

それだけ難しい投資方法でありますし、一部の天才を除いてほとんどの場合は損をして終わります。

 

研修医時代は戻りたくても戻れない貴重な時間です。

 

貴重な時間を個別株の銘柄選定やFXの勉強に費やし、さらに毎日株価のチャートを眺めてばかりいると、後々後悔することは関の山です。

 

株価を見る時間があるのであれば、患者さんを診ましょう。

 

 

まとめ:研修医時代にしかできない経験を失うな

 

まとめにはいります。

 

研修医でも株式投資はやるべき?
  • ①資産運用は一社会人としてやるべき
  • ②資産運用でやるとしてもつみたてインデックス投資まで」
  • ③個別株投資やFXはやりすぎ

 

 

医師国家試験に合格し医師免許は獲得したものの、研修医になってからは分からないことだらけで右往左往する毎日。

 

先輩医師から怒られ、看護師さんからも怒られ、挙げ句の果てに患者さんからも怒られる。

 

朝5時に起きて帰ってくるのは午前1時。

 

不眠不休の当直明けに10時間手術の第四助手(いわゆるコウ持ち)。

 

地獄のような日々を過ごす中で、「医者になんてなるんじゃなかった」と思いながらも耐え続けた研修医時代。

 

何を隠そう15年前の私です。

 

こんな私でも、

 

  1. 泌尿器科専門医&指導医
  2. 腹腔鏡技術認定医
  3. がん治療認定医
  4. Strusburg University Diploma of Laparoscopic Surgery

 

等の資格を取得し、それなりの臨床医として働けるまでになりました。

 

指導して頂いた先輩方や温かく成長を見守ってくれた医療スタッフには、足を向けて眠れないほど感謝しています。

 

一社会人になり資産運用を始めることは人生設計においても非常に大切なことです。

 

しかし、資産運用に集中しすぎて研修医でしかできない経験を失ってはいけません。

 

研修医時代にしかできないことは、

 

  1. 色々な科の実態を学べる
  2. 最終的な責任を上級医に委ねられる
  3. 若い分だけ多少の無理ができる

 

といったところです。

 

研修医の過ごし方だけで全てが決まるわけではありませんが、研修医時代は人的資本を伸ばすには最高の期間です。

 

金融資本や社会資本や研修医時代が終わってからでも増やせます。

 

 

個別株やビットコインのチャートばかり見ていてはいけません。

 

目の前の患者さんを診てください。

 

それが結果的に「医者」というあなたの人的資産を増やし資産が増えることになりますよ。

 

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

【関連記事】

証券口座をこれから作る方であれば、楽天、SBI、マネックスがオススメです。

maoyoshi-papa.com

 

資産運用を始める前に家計簿をつけて支出と収入のバランスを確認しましょう。

maoyoshi-papa.com

 

資産運用の目的は豊かな人生を送ることです。資産が増えることが目的ではありません。

maoyoshi-papa.com