まおよしパパのブログ

フリーランス医師が資産形成とランニングで豊かな人生を送るコツを発信します

円安が進む本当の理由|個人投資家が今すべきこと

f:id:yoshiho182:20220325221229p:plain

 

最近円安が進んでいるけどなんでだろう?

最近投資を始めたけど大丈夫かな?

 

 

こんなお悩みに対する記事です。

 

 

さっそく結論からいきます。

 

 

💡円安が進む本当の理由&個人投資家がすべきこと
 ✅:世界全体の中で円(≒日本)の価値が低下している
 ✅:世界に分散させた投資を意識する 

 

 

  • 趣味:マラソンと投資と子育て
  • 医局に属さないアウトローなフリーランス医師

 

こんな私の戯れ言と思って読んで頂ければ幸いです。

 

 

 

円安が進む本当の理由

日本, 街, 夜, 大阪, アジア, 路地, ランドマーク, トラベル, 市, ネオン, 輝き, 夜ライト

 

まず金利と物価に対して、ざっくりと説明しますね。

 

注意事項:

筆者は経済評論家でもプロでもありません。

内容に間違いがある可能性につきましてはご了承ください。

 

金利

 

米国が金利を上げるというニュースを聞きますよね。

 

 

銀行口座で例えます。

 

あなたの銀行口座に100万円の貯金があったとします。

 

金利が0.1%から1%に上がったとしましょう。

 

①:金利=0.1% → 受け取る利息=1,000円

②:金利=1%    → 受け取る利息=10,000円

 

もらえる利息が増えますから、もっと貯金したくなりますよね。

 

 

ちなみにですが、

 

貯金=銀行にお金を貸している

 

という認識を忘れないようにしましょう。

 

 

一方、銀行からお金を借りたい会社としては、

 

金利が上がるとどうなるでしょうか?

 

あなたが会社の社長で銀行から100万円借りたいとしましょう。

 

金利が0.1%から1%に上がったとします。

 

①:金利=0.1% → 支払う利息=1,000円

②:金利=1%    → 支払う利息=10,000円

 

お金を借りにくくなりますね。

 

 

ということで銀行にお金が集まります。

 

銀行にお金が集まると、流通するお金は減ります。

 

 

需要と供給のバランスにもよりますが、

 

お金も物も流通量が減ると価値が高くなります。

 

 

ということで、

 

金利を上げるとお金の価値が高くなります。

 

 

物価

 

物価の上昇が止まりません。

 

ちなみに、

 

物価の上昇をインフレーション(インフレ)

 

物価の下落をデフレーション(デフレ)

 

と言います。

 

 

そして、

 

物価が上がる=お金の価値が下がる

 

ということです。

 

 

具体例をあげます。

 

最近話題になったうまい棒の値上げです。

 

①:うまい棒が10円→12円への値上げ(物価の上昇)。

②:100円で買えるうまい棒が10本→8本に減る(お金の価値が減る)。

 

 

金利を上げる=お金の価値を上げる

 

ことによって、

 

主要先進国は物価上昇に対応しようとしています。

 

 

ところがどっこい、

 

我が国の日本は低金利を継続する方針を打ち出しています。

 

 

ニュース等でよく見聞きする円安が進む原因は次のとおりです。

 

①:米国(ドル)の金利は徐々に上がる予定

②:日本(円)の金利は横ばいの予定

③:価値が上がるドルをもっていた方がお得

④:価値が変わらない円をもっていても損するだけ

⑤:円を売ってドルが買われる

 

→結果的にドル高円安

 

ということですが本当でしょうか?

 

 

ドルは買われていない

100 us dollar bill

 

世界的にみてドルは買われているのでしょうか?

 

下の表は3月24日午後10時時点でのFX為替です。

 

f:id:yoshiho182:20220324223613p:plain

 

一番右側の米ドルに注目してください。

 

 

円に対してはドル高になっていますが、

 

その他の通貨に対してはドル高にはなっていません。

 

 

つまり、

 

世界的にはドルは買われていないということです。

 

 

円が売られている

円, 電話, 受話器, お金, 金融, 日本の紙幣, 日本の貨幣, 紙幣, 貨幣

 

先ほどの表を再掲します。

 

f:id:yoshiho182:20220324223613p:plain

 

一番左の日本円に着目してください。

 

 

全ての通貨に対して円安になっています。

 

 

つまり、

 

円が世界的に売られているということです。

 

 

円が売られる=日本の評価が低下している

お茶, オーガニック, 陶器, 緑, 健康, 伝統, 日本, 付属品, スーパーフード, 煎茶, 茶器

 

円が世界的にどんどん売られています。

 

 

一般的には、

 

価値があるものが買われ、

 

価値がないものが売られます。

 

ということは、

 

円が売られるということは円に価値がない

 

と世界から判断されている証左になります。

 

 

また、

 

国の通貨は国の評価そのものといっても過言ではありません。

 

現にロシアの通貨ルーブルの暴落はご存じですよね。

 

 

円に価値がない=日本に価値がない

 

と世界は判断しているのが現実だと私は感じています。

 

 

個人投資家が今すべきこと

 

今後さらに円安が進むかどうかは誰にも分かりません。

 

 

しかし、

 

今回の急速な円安によって、

 

円以外の資産を持つことの重要性に気づけるかどうか

 

という点が肝要です。

 

 

仮に米ドルやユーロを所有していない場合でも、

 

  • 全世界株式の投資信託やETF
  • 米国株式の投資信託やETF
  • 米国等の海外の個別株

 

等を資産の中に組み込むだけで、

 

円安すなわち日本の価値低下による影響を

 

大幅に緩和できます。

 

 

具体例を挙げます。

 

代表的な全世界株式ETFであるVT。

 

VTが1株100$とし1株所有していたとします。

 

あり得ませんが、VT1株の値段が100$で変わりません。

 

円安で1$=100円が120円になったとします。

 

①:1$=100円 → VT1株=100$=10,000円

②:1$=120円 → VT1株=100$=12,000円

 

ということで、

 

外国株の値段が変わらなくても円安になるだけで、

 

円換算での資産が増えるわけです。

 

さらにVTの価値が1株100$→120$に高まると、

 

相乗効果でさらに円換算での資産が増えます。

 

 

まとめ:ミニマム&グローバルな生き方

白川郷, 伝統的, 日本, 岐阜, 年, 家, 村, 文化, ユネスコ, 冬, 行き先, 遺産, 茅葺き

 

まとめにはいります。

 

 

💡円安が進む本当の理由&個人投資家がすべきこと
 ✅:世界全体の中で円(≒日本)の価値が低下している
 ✅:世界に分散させた投資を意識する 

 

 

インターネットの普及により、

 

日本円以外の資産を所有することが、

 

クリック1つで可能な時代になりました。

 

 

様々な国を訪れ短期滞在をしましたが、

 

やっぱり日本は本当によい国です。

 

  • 治安の高さ
  • インフラの精度
  • 美しい四季の移り変わりと自然
  • 世界に誇る食事文化

 

こんなすばらしい日本で、

 

ミニマムかつグローバルに生きていくうえでも、

 

円のみならず外国資産を保有することが、

 

豊かな人生につながるものと感じています。

 

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

【おすすめ書籍】

デフレから抜け出せない日本。

「給料が増えないから物価も増えなくていいじゃない」という方は、ぜひこの書籍を読んでください。

厳しい現実からいつまでも逃げてはいけません。

 

 

【関連記事】

春から研修医になる先生は、①睡眠グッズ、②ランニングシューズ、③ケアネット株、をそろえておきましょう。

maoyoshi-papa.com

 

自分が理解できな投資商品に手を出しても、得をすることはほとんどありません。

maoyoshi-papa.com

 

投資も貯金も並行して行うことが理想ですが、バランスが大切ですね。

maoyoshi-papa.com