まおよしパパのブログ

フリーランス医師が資産形成とランニングで豊かな人生を送るコツを発信します

【ブログ初心者向け】ブログの書き方|良い文章ってなんだろう?

f:id:yoshiho182:20220210225950p:plain

 

 

ブログってどうやって書けばいいの?

ブログの正しい書き方ってあるの?

 

こんなお悩みに対する記事です。

 

 

最近ふと思いました。

 

 

「ブログの良い文章ってなんだろう?」

 

 

ブログを始めて11ヵ月目。

 

雨の日も風の日も、

 

ほぼ毎日記事を更新し、

 

300記事以上これまで書いてきました。

 

 

ブログ作成日は2019年5月ですが、

 

実際に記事を書き始めたのは2021年3月からです。

 

 

f:id:yoshiho182:20220211215519p:plain

 

ブログ読者のみなさま、

 

いつもスターやブックマークありがとうございます。

 

この場をお借りして陳謝いたします。

 

 

さて、

 

ブログ初心者の私にふさわしくない

 

お題目と思われますが、

 

「ブログの良い文章」

 

についてまとめてみました。

 

 

💡今回の記事で得られること
 ✅ :自分のブログを客観的に見る能力が高まる
 ✅ :他人のブログから得られるものが増える
 ✅ :ブログPVが増える(かも)

 

 

今回の記事は、

 

  • ブログを始めて間もない方
  • ブログの継続がつらくなってきた方
  • ブログPVが伸びなくて困っている方

 

にとって特に有益な内容となっております。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

結論からいきます。

 

 

💻ブログの良い文章
 ✅ :読者さんにとって心地よい文章
 ✅ :読者さんがわかりやすいと感じる文章
 ✅ :読者さんに語りかける文章

 

 

具体的に解説していきます。

 

 

 

ブログの書き方|良い文章ってなんだろう?

ラップトップ, オフィス, 手, 書き込み, 仕事, 資料, 契約する, 論文, 教育, ノート, データ

 

  • 書籍
  • 新聞
  • 雑誌
  • ウェブ記事(ブログやSNS)

 

私たちは多種多様な媒体で文章を読んでいます。

 

媒体が変われば、

 

文章も変わって当然です。

 

まず、

 

書籍とブログの違いについて考えてみましょう。

 

 

書籍とブログの違い

pile of assorted-title books

 

基本的に、

 

書籍は有料でブログは無料

 

です。

 

購入した書籍が多少読みにくくても、

 

「お金を払ったんだから元をとらなきゃ」

 

という意識が働きますので、

 

最後まで目を通される方が多いと思われます。

 

 

一方ブログに関しては、

 

「読みにくい」

 

と感じた瞬間に読むことをやめても、

 

損をしたという感情は生まれません。

 

 

このような前提をふまえますと、

 

ブログにとってのよい文章とは、

 

読者さんが心地よいと感じる文章

 

と私は考えます。

 

 

そして、

 

読者さんが心地よいと感じるポイントは、

 

①:わかりやすい文章

②:語りかけるような文章

 

の2点に絞られます。

 

 

わかりやすい文章

マーク, マーカー, 手, 書きます, 生産計画, 操舵, 構造的組織, 作業過程, 経営管理, 作業組織

わかりやすい文章とは、

 

論理的な文章です。

 

 

記事を読んでいて思わず、

 

「うんうん」

 

と頷きたくなるような感じですね。

 

 

  • ブログ関連書籍
  • 有名ブロガーさんの記事

 

等から私なりにいろいろと調べた結果、

 

論理的な文章を書くうえで、

 

「ブログ文章の基本型」があります。

 

 

💻論理的なブログ文章の基本型
 1️⃣:結論
 2️⃣:理由
 3️⃣:根拠
 4️⃣:具体例
 5️⃣:反論への対応
 6️⃣:結論(しめくくり)

 

 

まず、記事で一番伝えたい内容を結論で述べます。

 

続いて、その内容をなぜ伝えたいのか理由を述べます。

 

そして、結論や理由の裏付けとなる根拠を提示します。

 

個人な体験など具体例を加え、記事のリアリティーを高めます。

 

反論へ対応することで、記事に柔軟性を持たせます。

 

再度結論を述べて、しめくくります。

 

 

一例として、

 

「マラソンにはビルドアップ練習が最適」

 

という記事を書くとしましょう。

 

1️⃣:結論 マラソンにはビルドアップ練習が最適

2️⃣:理由 怪我のリスクを抑えつつ記録を伸ばせるから

3️⃣:根拠 有名な書籍を紹介する(福沢さんの書籍)

4️⃣:具体例 自分の練習実例やマラソン結果を公表

5️⃣:反論への理解 インターバル走等もよい練習方法

6️⃣:結論の繰り返し マラソンにはビルドアップ練習が最適

 

 

といった感じになりますね。

 

 

安心してください。

 

いきなりこんな記事をかけなくて当たり前です。

 

というか300記事以上書いた私も、

 

まだまだできておりません。

 

 

読者に語りかける文章

男の子, 子供, 読む, 夏, ブラザーズ, 兄弟姉妹, 屋外で, 牧草地, 子供の頃, 家族, 自然, 草

 

あなたは、

 

画面の向こう側にいる読者さんを想像しながら、

 

記事を書いていますか?

 

 

あなたが尊敬するYouTuberさんを、

 

思い出してください。

 

そのYouTuberさんは、

 

モニター越しのあなたを想像しながら、

 

きっとしゃべってますよね。

 

 

ブログも同じです。

 

 

画面越しの読者さんに語りかけるような文章が、

 

読んでいて心地よい記事だと、

 

最近になって思うようになりました。

 

 

語りかけるような文章にするための、

 

具体的な2つの方法を提示します。

 

 

💻語りかける文章を作るコツ
 1️⃣:接続詞のバリエーションを増やす
 2️⃣:文末のバリエーションを増やす

 

接続詞のバリエーション

 

しかし、・・・

しかし、・・・

しかーし、・・・

 

「しかし」製造器ですか?

 

 

同じ接続詞を連発して使っていると、

 

人間味がない文章になってしまいます。

 

例えば「しかし」以外の接続詞として、

 

  • 逆に
  • 一方で
  • もちろん

 

などを織り交ぜると、

 

語りかけるような文章になります。

 

理由であれば、

 

  • なぜなら・・・
  • その理由として・・・
  • 根拠を示しますと・・・

 

具体例では、

 

  • 例えば・・・
  • かみ砕いていえば・・・
  • ・・・に例えてみますと

 

しめの結論では、

 

  • まとめますと・・・
  • 繰り返しますが・・・
  • というわけで・・・

 

といったような感じになりますね。

 

ブログの記事を読み直してみてください。

 

同じ接続詞を使いすぎていませんか?

 

文末のバリエーション

 

・・・です。

・・・です。

・・・death!

 

「半沢直樹」の大和田さんですか???

 

 

接続詞と同じく文末が常に同じですと、

 

機械的な文章な印象になってしまいます。

 

文末のバリエーションとしては、

 

  • ・・・です。
  • ・・・ます。
  • ・・・ですよね。
  • ・・・しましょう。
  • ですかね・・・。

 

標準語ではなく、

 

有名な方言(関西弁など)を入れたりすると、

 

より人間味が増した文章になりますよね。

 

ちなみに、

 

リベラルアーツ大学の両学長のツイート、

 

いつも関西弁って気づいていました?

 

あれは意図的な作戦ですよ(笑)。

 

 

まとめ

自由, 空, 手, 手錠, 雲, 男, 泥棒, Hiv, エイズ, 解放, 望み, 手錠の男, 空の背景に手

 

まとめにはいります。

 

 

💻ブログの良い文章
 ✅ :読者さんにとって心地よい文章
 ✅ :読者さんがわかりやすいと感じる文章
 ✅ :読者さんに語りかける文章

 

 

ごちゃごちゃ書きましたが、

 

私の本心は次の通りです。

 

 

ブログは書きたいように書けばいいがいね(金沢弁)!

 

 

肩肘張らず、

 

書きたいように書けること。

 

 

それがブログから得られる本当の報酬です。

 

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

【関連記事】

maoyoshi-papa.com

maoyoshi-papa.com

maoyoshi-papa.com

 

【ブログ運営おすすめ書籍】