まおよしパパのブログ

投資とマラソンで豊かな人生を送る方法を発信します

貯金好き&株嫌いな人は必読|貯金も間接的な株式投資である事実

 

株式投資をしている人が最近になって増えているみたいだね・・・

でも株式投資ってやっぱり怖いよ・・・。やっぱり貯金が一番安全だね!

 

 

こんなお悩みに対する記事です。

 

 

お金や資産形成に関する内容ではありますが、非常にかみ砕いた表現をしています。

 

どうぞ気軽に読み進めてください。

 

 

🎯今回の記事で分かること
 ✅ 貯金したお金の行方
 ✅ 貯金が間接的な株式投資である理由

 

 

結論からいきます。

 

 

💵貯金も間接的な株式投資である事実
 ✅ あなたが貯金したお金→銀行が誰かに貸している
 ✅ 銀行がお金を貸している相手→あなたは知らない
 ✅ 株式投資→企業へ直接お金を貸すこと

 

 

中学生でも分かるように、ひとつずつ丁寧に解説していきます。

 

どうぞ最後までおつきあいください。

 

 

 

貯金も間接的な株式投資という事実

手, 指差し, ポインティング, 指, ジェスチャー, 点, 方向, 人差し指, シンボル, 叱る

 

「無駄遣いしないで貯金しなさい」

 

「何かあったときのために貯金しておきなさい」

 

「株は危ないから元本保証の貯金にしなさい」

 

「のび太!また0点とったの!!」

 

人生で100万回くらい目にしたり耳にしたことがあるフレーズですよね。

 

 

私自身も「貯金は非常に大切」という考えに対しては肯定側の立場です。

 

しかし、「貯金は安全なもの」という点に関してはやや否定側の立場であります。

 

 

どうして貯金は安全ではないのでしょうか?

 

 

あなたが貯金したお金はどうなっている?

お金, カード, ポケット, 概念, 考え, ポケットマネー, ジーンズのポケット, デニムポケット

 

 

あなたが銀行に預けているお金はどうなっていると思いますか?

 

 

「大きな金庫で厳重に保管されている」と思われた方。

 

 

半分正解で半分不正解です。

 

 

あなたが銀行に預けたお金は、銀行が他の誰かに貸しているのです。

 

 

では、銀行は誰にお金を貸しているのでしょうか?

 

 

銀行は誰にお金を貸している?

聞く, 疑問符, 書きます, ブログ, Who, 何, どのように, なぜ, どこ, ボード, 通信手段

 

 

住宅ローンや学資ローンなど、銀行が一般の方に提供しているローンがありますよね。

 

これらのローンも、あなたが銀行に預けたお金からまかなわれています。

 

 

仮にあなたが銀行に100万円貯金していたとします。

 

その100万円は、住宅ローンを組んだ他の誰かに銀行が貸しているのです。

 

 

逆もしかりです。

 

あなたが銀行から住宅ローンで借りているお金は、他の誰かが銀行に預けているお金です。

 

 

ここで、銀行が儲かる仕組みを単純化して考えてみましょう。

 

①:Aさんが銀行へ100万円貯金します。

②:銀行がAさんへ払う利息は年率1%(=1万円)。

③:銀行がBさんへAさんの貯金100万円を貸します。

④:Bさんが銀行へ払う利息は年率2%(2万円)。

⑤:銀行の儲けは、2万円ー1万円=1万円。

 

つまり、銀行は安い利息(金利)でお金を借りて、高い利息(金利)でお金を貸すことで儲けているわけです。

 

 

さらに、銀行は個人のみだけではなく、会社や企業にもお金を貸しています。

 

企業に対するお金の貸し出しになると、個人の住宅ローン等と比べものにならない金額になることは想像できますよね。

 

 

銀行がお金を貸している企業は?

アーキテクチャ, 建物, 市, 高層ビル, 建物外観, ガラス外装, ガラス窓, ファサード, 都市

 

 

あなたが銀行に預けた大切なお金。

 

銀行がどの企業にどれだけ貸しているか知っていますか?

 

即答できる方は、相当な金融オタクマネーリテラシーの持ち主ですね。

 

 

非常に重要なポイントなので繰り返します。

 

銀行に預けたあなたのお金は、あなたが知らない企業へ貸し出されているのです。

 

 

ここで想像してみてください。

 

 

赤字続きで倒産寸前の企業に、銀行があなたのお金を貸している可能性があることを。

 

 

どうでしょう?

 

少し怖くなってきませんか??

 

 

知らない企業へお金を勝手に貸されるのであれば、信頼している企業へお金を直接貸したくなりませんか?

 

 

では、お金を貸したい企業へお金を貸すにはどうしたらよいでしょうか?

 

 

その答えが株を買うこと。

 

すなわち株式投資です。

 

 

株を買うということは、直接的に企業へお金を貸す行為です。

 

 

貯金が間接的な株式投資という理屈。

 

 

ご理解頂けましたでしょうか?

 

 

まとめ:株式投資は直接的な企業への融資

手, 贈り物, 花束, 愛, おめでとう, 与える, フラワーズ, 提供すること, フェンス, 概念

 

 

まとめにはいります。

 

 

💵貯金も間接的な株式投資である事実
 ✅ あなたが貯金したお金→銀行が誰かに貸している
 ✅ 銀行がお金を貸している相手→あなたは知らない
 ✅ 株式投資→企業へ直接お金を貸すこと

 

 

コロナが蔓延し始めた頃から、株式投資を始める方が多くなった印象です。

 

ちなみにですが、私は万人に対して株式投資を推奨していません。

 

株式投資をせず貯金のみでも、豊かで幸せな人生を送っている方も多数います。

 

貯金も株式投資も人生を豊かにする道具のひとつに過ぎません。

 

いくらすばらしい道具であっても、使いようによっては凶器となり、あなたや周りの人を傷つけることになります。

 

 

今回の記事を通して、貯金や株式投資の意味について、別の視点から見直すきっかけになれば幸いです。

 

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

【おすすめ書籍】

様々な株式入門本がありますが、安垣理先生の書籍は全般的に分かりやすく要点もまとまっており、おすすめです。

 

 

 

【関連記事】

インデックス投資で失敗しないためにも、様々な投資を経験しておくことも大切ですね。

maoyoshi-papa.com

 

人気の米国高配当ETFの買い時についての記事です。個人的には、VYMの定期定額購入が最も万人向けと考えています。

maoyoshi-papa.com

 

インデックス投資のみならず、投資で失敗するパターンはほぼ決まっています。投資を始める前に、ある程度のストーリーを描いておきましょう。

maoyoshi-papa.com