マオヨシパパのブログ

二児のパパ&うつになった泌尿器科医&サブスリーランナーによるお役立ち情報発信ブログ

【フリーランスになった後の税金対策①】iDeCoで年間20万円取り返す方法

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

フリーランスになったけど税金が心配・・・」

 

こんなお悩みに対する記事です。

 

 

結論からいきます。

 

フリーランスになったらやるべき税金対策は次の3つです。

 

iDeCo掛け金の変更

国民年金の付加年金に加入

社会保険の手続き

 

僕が3ヵ月前に公務員医師を辞めてから実践している内容になります。

 

今回はiDeCoについて解説します。

 

 

<目次>

iDeCo掛け金の設定を変える

 

iDeCoについての詳細な説明は省略します。

 

iDeCoについて詳しく知りたい方は、ググってください。

山ほど情報が得られます。

 

年金を家(ハウス)に例えると次のような感じです。

 

  • 国民年金(1階):国が作る部分
  • 厚生年金(2階):会社が作る部分
  • iDeCo等(3階):自分が作る部分

 

家の高さを高くするほどもらえる年金が増えるというイメージです。

 

ポイントは基礎となる1階部分がないと2階も3階も建てられません。

つまり国民年金を払っていないとiDeCoはできません。

 

公務員や会社員のiDeCo掛け金上限は月12,000〜23,000円です。

一方フリーランス(第一号被保険者)の掛け金上限は月68,000円になります。

 

年間でみるとiDeCo掛け金上限は次の通りです。

 

  • 公務員    144,000円
  • 会社員    276,000円
  • フリーランス 816,000円

 

公務員や会社員には厚生年金(年金ハウスの2階部分)がありますが、フリーランスには2階部分はありません。

 

その代わりといってはなんですが、フリーランスにはiDeCo(年金ハウスの3階部分)を高くできる権利が与えられています。

 

高くできるなら高くしておきたいですよね。

 

 

iDeCo掛け金を変更する方法

f:id:yoshiho182:20210929231714j:plain



 

iDeCoは開設時にやや手間がかかりますが、掛け金の変更はそれほど手間ではありません。

 

iDeCoの掛け金を変更したい場合、iDeCoをしている証券会社に連絡しましょう。

 

僕の場合は楽天証券iDeCoをしていますので、楽天証券のホームページから申し込みました。

 

申請書類は2日ほどで届きましたので、届いた書類に掛け金など必要な情報を記入して返信するだけです。

 

 

iDeCo掛け金の変更で得られる金額

f:id:yoshiho182:20210929231828j:plain



 

再度提示しますが、iDeCoの年間掛け金上限は次の通りです。

 

  • 公務員    144,000円
  • 会社員    276,000円
  • フリーランス 816,000円

 

iDeCoの良いところは掛け金が所得控除になる点です。

 

特に高収入の方がフリーランスになった場合、所得税率が高くなりますので所得控除額も大きくなります。

 

所得税率が30%として、年間の節税額は次の通りです(既にiDeCoをしているという前提です)。

 

  • 公務員からフリーランスになった場合:
    (816,000−144,000)*0.3=216,000円

  • 会社員からフリーランスになった場合:
    (816,000-276,000)*0.3=162,000円

 

 

iDeCoをしていない方であれば、iDeCoを始めることで節税額はさらに多くなります。

 

 

iDeCoの掛け金変更の注意点

 

最も注意すべき点は「掛け金は1年に1回しか変更できない」点です。

 

自分の懐事情とよく相談して掛け金を設定するようにしましょう。

 

 

まとめ

 

iDeCoは老後資金作りには非常にすぐれた制度です。

 

節税対策にも利用できますので、活用しない手はないと思います。

 

しかし、メリットばかりではありません。

 

iDeCoの代表的なデメリットとして次のようなものがあります。

 

  • 手数料がかかる
  • 開設にやや手間がかかる
  • 60歳まで引き出せない
  • 商品によっては元本割れのリスクがある

    等々

 

老後の備えも大切ですが、今は今しかありません。

 

iDeCOやつみたてNISA等の長期投資は、今の豊かさを失わない程度にやっていけいばいいと思っています。

 

今日も最後までありがとうございました。