まおよしパパのブログ

フリーランス医師が資産形成とランニングで豊かな人生を送るコツを発信します

フリーランス必読|iDeCoと付加年金を併用するときの注意点

 

iDeCoと付加年金ってどっちもやっていいの?

 

 

こんなお悩みにお答えします。

 

 

アドセンスアカウントが閉鎖された日、

 

こんな手紙が国民年金基金から届きました。

 

f:id:yoshiho182:20220117234522j:plain



 

ざっくり言いますと、

 

「iDeCoの掛金多すぎだからiDeCo一旦中止ね」

 

ということです。

 

 

 

アドセンス狩りにあおうが、

 

iDeCo一旦中止されようが、

 

 

 

僕は死にましぇーーーーーーん。

 

 

最近疲れているみたいです。

 

読者をやめるボタンは押さないでくださいね。

 

 

いつも通り結論からいきます。

 

 

iDeCoと付加年金の併用
 ①:iDeCoと付加年金の併用は可能
 ②:付加年金をしたらiDeCo掛金上限が減額
 ③:個人的にはiDeCoと付加年金の併用がおすすめ

 

ひとつずつ解説していきます。

 

 

 

iDeCoと付加年金の併用するときの注意点

年, 年金, ミニチュアフィギュア, 年金受給者, 歩行車, 年金裁定, お金, ユーロ, 老齢年金

 

iDeCoと付加年金。

 

いずれもフリーランスにとって、老後資金対策には欠かせないものです。

 

付加年金は第一号被保険者(フリーランスや自営業者など)しか加入できません。

 

一方で、iDeCoは国民年金を払っている日本国民のほぼ全員が加入できます。

 

それぞれの概要についてごく簡単に説明します。

 

iDeCo

日本語では個人型確定拠出年金と呼ばれるものです。

 

日本政府が、

 

「年金あげられなくなるかもしれないから、自分たちでなんとかしてね〜」

 

というメッセージを込めた制度だと個人的には考えています。

 

細かいことは抜きにして、

 

iDeCo=自分で自分の老後資金を準備して節税もできるお得な制度

 

という風に理解して頂ければ十分です。

 

職業などによって、月々の掛金が変わります。

 

  • 第1号被保険者(フリーランスや自営業者):6万8,000円
  • 第2号被保険者(会社員や公務員):1万2,000円〜2万3,000円
  • 第3号被保険者(専業主婦など):2万3,000円

 

年金の2階部分(厚生年金)がない第1号被保険者は、

 

iDeCoでしっかり老後資金対策をする必要があるため、

 

掛金上限も高くなっています。

 

 

付加年金

 

付加年金は名前のとおりで通常の年金に月400円を付け加える制度です。

 

 

たった月400円?

 

 

と思ったあなた。侮ってはいけませんよ。

 

 

付加年金を払った場合に将来追加される年金額は、

 

月200円*付加年金を納めた月数

 

ということになります。

 

 

<具体例>

付加年金を40歳から60歳まで20年間支払い、

 

100歳(60歳から40年間)まで生きたとします。

 

  • 付加年金の支払い総額:月400円*12ヵ月*20年間=96,000円
  • 付加年金で受け取れる総額:月200円*12ヵ月*40年=960,000円

 

96,000円の支払いに対して960,000円が受け取れる訳です。

 

 

人生100年時代となった今、

 

フリーランスの方にとって、

 

付加年金はどんな投資よりも高リターンが期待できます。

 

しかし、付加年金をしている時のiDeCoの掛金限度額は、

 

68,000円→67,000円

 

に減額されます。

 

この事実を知らなかった故に、

 

私のiDeCo積立が一旦中止となりました。

 

 

まとめ:iDeCoも付加年金も老後資金対策の鉄板

道標, 年金, サイン, 方向, 矢印, 注意, 道, ウェイポイント, マーキング, 右, 情報掲示板

 

まとめにはいります。

 

 

iDeCoと付加年金の併用
 ①:iDeCoと付加年金の併用は可能
 ②:付加年金をしたらiDeCo掛金上限が減額
 ③:個人的にはiDeCoと付加年金の併用がおすすめ

 

 

個人的には、

 

はまず付加年金をして余裕があればiDeCo

 

というスタンスでよいと思います。

 

 

iDeCoも付加年金も老後資金対策の一環です。

 

豊かな老後を過ごすために、無理のない範囲で継続しましょう。

 

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

【関連記事】

賛否両論はありますが、個人的にiDeCoはよい制度だと思っています。

maoyoshi-papa.com

 

付加年金は長生きリスク回避の一助になりますね。

maoyoshi-papa.com