マオヨシパパのブログ

二児のパパ&うつになった泌尿器科医&サブスリーランナーによるお役立ち情報発信ブログ

【子育てパパ&ママ必読】理想の父親像を病院で見つけました

f:id:yoshiho182:20210926212740j:plain

 

Free-PhotosによるPixabayからの画像

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

 

「理想の親ってどんな感じかなぁ・・・」

 

 

こんなお悩みをもつパパやママへの記事です。

 

 

僕自身、4歳ともうすぐ3歳の父親です。

 

 

「理想の父親ってこんな感じかなぁ」

 

 

と思った出来事がありましたので記事にさせて頂きます。

 

 

<目次>

とある80歳代男性と家族の話

 

f:id:yoshiho182:20210926221227j:plain

Cezary Paweł によるPixabayからの画像

 

 

数日前のことです。

 

80歳代の男性が肺炎と心不全の診断で入院となりました。

 

持病(肺気腫免疫抑制剤内服など)が多く、

 

喫煙歴や飲酒歴もあり、

 

様々な治療を行っても日に日に状態が悪くなってきました。

 

 

昨晩から痰がらみも強くなりマスクで酸素投与が開始されました。

 

最大量の酸素投与を行っても酸素飽和度(サチュレーション)が、80くらいしか保てなくなりました(通常は98-100くらい)。

 

非常にきびしい状態で、患者さんの意識はもうろうで目も開けられません。

 

 

病院からご家族に、

 

「会わせたい方がいれば今のうちにお顔を見ておいてください」

 

という連絡が入りました。

 

 

 

数時間後、患者さんのご家族が来院されました。

 

その中にお嫁にいかれた長女さんの姿もありました。

 

 

酸素マスクや点滴につながれた父親の姿を見た長女さんは、

 

 

「お父さん、お父さん」

 

 

と涙ながらに声をかけらていました。

 

 

すると、

 

意識もうろうで目も開けられなかった患者さんが、

 

目を開けて笑いながら、

 

長女さんの頭に手を当てながらこう言いました。

 

 

「大したことない大丈夫」

 

 

 

本当の話です。

 

というのは、

 

患者さんは僕の義理のお父さん、

 

長女さんは僕の妻だからです。

 

 

理想の父親

f:id:yoshiho182:20210926223520j:plain

 

Lorraine CormierによるPixabayからの画像

 

 

義理のお父さんについて、

 

お酒ばっかり飲んでいる

ケチ

週末はゴルフばっかり

わがまま

お母さんを大切にしない

 

等々

 

妻からは良い話をあまり聞いたことがありませんでした。

 

 

それでも僕は覚えています。

 

僕と妻の結婚式、

 

義理のお父さんがずっと涙を流していたことを。

 

 

どんなに辛い状況でも、

 

死にそうなくらいの状況であっても、

 

かわいい我が子を心配させることがないよう、

 

 

「大したことないよ」

 

「大丈夫だよ」

 

 

といえる父親に一歩でも近づきたいですね。

 

 

まだまだ修行が足りません。

 

 

かといって無理のない範囲で、

 

少しずつ成長していきたいですね。

 

 

今日も最後までありがとうございました。