マオヨシパパのブログ

二児のパパ&うつになった泌尿器科医&サブスリーランナーによるお役立ち情報発信ブログ

「希望」と「期待」 あなたはどっちが好きですか?

ご訪問ありがとうございます。

 

サブスリー&パパドクターです。

 

僕の経歴は、次の記事をご参照ください。

 

 

yoshiho182.hatenadiary.org

 

 

「なかなか期待通りに物事が進まないなぁ〜」

 

 

こんなお悩みに対する、僕なりの回答をさせていただきます。

 

 

f:id:yoshiho182:20210720230322j:plain

 

WokandapixによるPixabayからの画像

 

 

結論から述べます。

 

 

「期待すること=自分の理想を押しつけること」

 

 

ということに気づきましょう。

 

 

「希望」とは

 

 

「希望」は願いをもつことです。

 

 

子供や部下の成長を願うこと。

 

両親の健康を願うこと。

 

 

「期待」とは

 

 

「期待」は自分の理想を押しつけることです。

 

 

子供や部下にはこうなって欲しい。

 

両親にはいつまでも健康であって欲しい。

 

 

「期待」ばかりしていると疲れる

 

 

自分の理想通りに相手が動いてくれない。

 

イライラしますよね。

 

 

ですので、

 

「期待」ではなく「希望」を持つようにしましょう。

 

 

他人に「期待」しているから、

 

イライラしたりがっかりするのです。

 

 

最初から「期待」しなければ、

 

よけいなストレスから解放されます。

 

 

「期待」を捨てて「希望」を持つ

 

 

「希望」には怒りや落胆などの感情はわいてきません。

 

 

怒りや落胆などの感情がわいてくるのであれば、

 

「こうなってほしいのに」

 

という押しつけが混ざっていることになります。

 

 

「期待」に気がついたら、押しつけを取り除きましょう。

 

押しつけを取り除くと「希望」が残ります。

 

 

ただし、

 

あなたの周りに「希望」を持ちたいような人ばかり、

 

だとは限りません。

 

 

「上司の言葉がきつい。」

 

「部下が言うことを聞かない。」

 

 

こんなどうしようもない場合は、

 

 

「上司の言葉がきつい。」

→言葉がきつい上司の問題=他人事。

 

「部下が言うことと聞かない。」

→言うことの聞かない部下の問題=他人事。

 

 

という風に、「他人事」という風に理解しましょう。

 

 

「他人事」は結局その「他人自身」にツケが必ず回ってきます。

 

 

できることなら、こんな人とは距離をとりましょう。

 

 

連日の猛暑でお疲れのところ、

 

今日もご訪問ありがとうございました。

 

 

明日も丁寧に過ごしていきましょう。