マオヨシパパのブログ

二児のパパ&うつになった泌尿器科医&サブスリーランナーによるお役立ち情報発信ブログ

【健康管理】目に見えない恐怖・・・それがストレス! うつ病と胃十二指腸潰瘍の関係

 

ご訪問ありがとうございます。

 

 

「ストレスで胃も心もやられそう・・・」

 

 

というお悩みに対する記事です。

 

<目次>

胃カメラ検査とピロリ菌検査の結果

 

 

先日、胃カメラ検査とピロリ菌検査を受けてきました。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

maoyoshi-papa.com

 

 

胃カメラでは、

 

慢性胃炎と多数の出血痕(潰瘍の痕?)

 

が見つかりました。

 

先生:「ピロリ菌が原因かもね〜」

 

とのことで、ピロリ菌検査の結果を後日聞くことに。

 

 

そして本日、ピロリ菌検査の結果報告!

 

結果は・・・

 

 

陰性

 

 

でありました。

 

 

僕:「胃炎や出血痕の原因はなんですかね〜?」

 

先生:「ストレスかなぁ〜?なんかストレスある???」

 

僕:「・・・(ストレスでうつになったことは伝えず)」

 

 

ここでふと疑問に思ったこと:

 

うつ病胃潰瘍もストレスが原因であることが多い

 

ということは、

 

うつ病になった人は胃潰瘍にもなりやすい?

 

 

うつ病と消化性潰瘍(胃潰瘍や十二指腸潰瘍)との関連

 

 

結論としては、

 

うつ病の人は、うつ病ではない人と比べて、約2倍の頻度で胃潰瘍や十二指腸潰瘍になりやすい」

 

ということでした。

 

 

参照させて頂いた論文はこちらです。

 

 

”Depression and the Risk of Peptic Ulcer Disease A Nationwide Population-Based Study"

(Medicine Volume 94, Number 51, December 2015)

 

 

2015年に台湾から報告された論文です。

 

 

調査内容と方法:

うつ病の人がうつ病でない人と比べて、どれくらい消化性潰瘍になりやすいか?」

 

ということを、

 

台湾国民の健康状態に関するデータベースを用いて調査されました。

 

 

調査期間:

2000年〜2010年の10年間

 

調査対象:

うつ病群     23,536人

うつ病ではない群 47,069人

 

結果:

うつ病群は、うつ病ではない群に比較して、

 

1.35倍の頻度で消化性潰瘍になっていた。

 

さらに、

 

うつ病群でうつ病治療を受けていない人は、

 

2.27倍の頻度で消化性潰瘍になっていた。

 

また、うつ病に加えて、

 

女性、高齢者、他の基礎疾患がある人は、

 

さらに消化性潰瘍のリスクが高かった。

 

 

うつ病になって食欲がないとき

 

 

僕もうつ病と診断される前後から、

 

食欲がどんどん落ちてきていました。

 

 

今思い返すと、

 

食欲がないのは、

 

胃潰瘍などの消化性潰瘍が原因だったのかもしれません。

 

 

うつ病の治療をしても、

 

なかなか食欲が出てこない場合、

 

一度内科で相談をしてみてもよいかもしれません。

 

 

いずれにしても、

 

ストレスは本当に恐ろしいです。

 

 

ここまで読んでくださった方々へ。

 

 

お疲れ様でした。

 

 

少し休んで、次の作業に取り組んでくださいね。

 

 

明日、精神科のクリニックへ受診してきます。

 

 

ブログの更新ができないかもしれませんが、

 

どうぞご了承ください。

 

 

明日も丁寧に過ごしましょう。

 

 

今日もありがとうございました。