マオヨシパパのブログ

二児のパパ&うつになった泌尿器科医&サブスリーランナーによるお役立ち情報発信ブログ

【健康管理】人生初の胃カメラでまさかの結果・・・

 

ご訪問ありがとうございます。

 

 

胃カメラって怖いのかなぁ?」

 

胃カメラって大分つらいのかなぁ?」

 

 

こんなお悩みに、

 

本日胃カメラを受けてきた僕がお答えします。

 

 

<目次>

胃カメラ検査の目的

 

主に2つの目的に分類されます。

 

①症状(胸やけ、上腹部痛など)がない→健診目的

 

②症状(胸やけ、上腹部痛など)がある→精密検査目的

 

 

いずれにしても、

 

  • 潰瘍病変:胃潰瘍、十二指腸潰瘍など
  • 炎症病変:胃炎、逆流性食道炎など
  • 腫瘍病変:ポリープ、胃癌、食道癌など

 

といった病気を見つける検査になります。

 

 

僕自身は、お腹の痛みなどの症状はありませんでした。

 

 

しかし、昨年の健診で便潜血陽性」という結果。

 

 大腸カメラ検査を受けましたが、「異常なし」の診断。

 

「この際、胃カメラも受けておこう」と思いたって、

 

本日胃カメラを受けてきました。

 

 

胃カメラ検査前日の過ごし方

 

 

胃カメラ検査が午前中とのことで、

 

胃カメラ検査前日の21時以降は絶食」

 

とのことでした。

 

水分はOKとのことで、空腹は水分でしのぎました。

 

その他は、普段通りに過ごしました。

 

 

胃カメラ検査当日の実際

 

 

午前10時30分 クリニック到着 同意書などの記載

 

午前11時00分 鼻から麻酔の薬などを入れて準備開始

 

午前11時15分 胃カメラ開始(鎮静剤は使用せず*)

 

午前11時30分 胃カメラ検査終了と検査結果説明

 

午前12時00分 支払いなどを済ませて帰宅(自家用車)

 

*注意点:自分で運転する場合は、鎮静剤は使用できません!

 

 

<詳細>

クリニックに定刻どおり到着。

 

受付を済ませた後、診察室で問診と簡単な診察。

 

 

先生:「鼻からと口から入れる方法あるけど、どっちにします?」

 

僕:「どっちでもいいですけど・・・」

 

先生:「鼻からの方が、オエオエしないよ」

 

僕:「じゃあ鼻からでお願いします!」

 

ということで、

 

鼻からの胃カメラ検査になりました。

 

 

その後、

 

まずは、内視鏡室へ移動。

 

続いて、鼻から潤滑剤や麻酔薬を入れてもらい、しばらく待機。

 

そうしているうちに、先生が登場。

 

いよいよ胃カメラ検査が開始!

 

モニターに映る自分の胃の中を見ながら過ごしました。

 

だいたい10分前後で検査は無事終了。

 

 

検査結果は、

 

「異常なし」

 

と思っていましたが、

 

「所々に出血した痕」慢性胃炎が見つかりました。

 

 

先生:「ストレスでもあるのかね?」

 

僕:「ストレスがないことはないですね・・・」

(うつで休職中とは言えず・・・)

 

 

 腹痛などの症状がないため、内服治療は不要とのことでした。

 

 

食事は、

 

検査後30分程たってから少しずつならOK、

 

とのことでした。

 

 

胃カメラ検査を受けた感想

 

 

「思ったほど辛くなかった」

 

ということが率直な感想です。

 

先生の腕も良かったのでしょう。

 

 

個人的に驚いた点は、

 

  • 胃の粘膜から出血した痕があったこと

  • 慢性的な胃炎があったこと

 

でした。

 

 

ピロリの可能性もあるねとのことで、

 

ピロリ菌の検査も受けてきました(血液検査)。

 

結果は後日とのことで、

 

陰性であることを祈っています・・・。

 

 

ストレス恐るべしです・・・。

 

心だけではなく、身体もやられていました・・・。

 

 

胃カメラ検査を受けて、

 

どれだけストレスを受けていたか、

 

身にしみました。

 

 

下手したら、

 

胃に穴があいて緊急手術、

 

なんてことになっていたかもしれません。

 

 

皆様、やっぱり健康第一です。

 

 

明日も無理せず丁寧に過ごしたいと思います。

 

 

今日もありがとうございました。