まおよしパパのブログ

年子パパ&医師ブロガー&投資家ランナーによるお役立ち情報発信ブログ

「損します」米国株積立投資を楽天証券で始めてはいけない理由

お金, コイン, 投資, 仕事, ファイナンス, 銀行, 通貨, ローン, 現金, モーゲージ, 富, 価値

 

楽天証券で米国株の積立投資ができるようになるらしいよ!

米国株を楽天ポイントでも購入できてお得らしいよ!

 

 

①:つみたてNISAやiDeCoでインデックス投資信託の積立投資を始めてみた

②:某芸人の書籍を読んで米国株ETFの積立投資にも興味が出てきた

 

このような投資初心者の方にむけた記事です。

 

 

まず結論からいきます。

 

「米国株積立投資を始めるなら楽天証券ではなくSBI証券がおすすめ」

 

理由を解説していきます。

 

 

米国株積立投資を楽天証券で始めてはいけない理由

信号機 赤信号 交差点 止まれ|roa0044-133

 

楽天証券が米国株の積立投資サービスを開始することになりました。

 

SBI証券やマネックス証券では既に米国株積立投資サービスは提供されていますので、他社に追いついたというかたちです。

 

楽天証券の米国株積立投資サービスの肝と言われている点は、楽天ポイントで米国株の積立購入ができるという点です。

 

しかし、楽天証券での米国株積立投資は他社と比べて本当にお得なのでしょうか?

 

米国株積立投資といっても、個別株で積立投資を行うことはほぼないと思われます。

 

大多数の方がインデックス米国株ETF(VTI、VOO等)で積立投資をされるはずです。

 

今回の記事は「インデックス米国株ETFを積立投資する」ということを前提に解説させて頂きます。

 

為替コストを侮ってはいけない

コスト, お金, 借金, ファイナンス, 仕事, 税金, 通貨, 危機, 価格, 現金, 会計, ユーロ

米国株はドルでしか買えない

 

日本で発売されている投資信託は円で購入できますが、米国株を購入する際はドルが必要です。

 

手持ちの円をドルに両替して購入してもよいのですが、手間がかかります。

 

円高時期を狙って円をドルに転換しておくという方法もありますが、こちらも正直手間です。

 

投資初心者の方が米国株を購入する際は、円からドルへの両替を自動で行ってもらえる円貨決済がおすすめです。

 

為替コストとは?

 

円をドルまたはドルを円に両替する際にかかる費用を為替コストといいます。

 

具体的には1ドルあたり1円が相場です。

 

仮に1ドル100円として100ドルを円で購入するとします。

為替コストは1ドル1円と想定します。

 

①:100ドルを円に換算:100円X100=10,000円

②:100ドルを円で購入する際の為替コスト:1円X100=100円

③:100ドルを購入するために必要な円:①+②の合計=10,100円

 

ということになります。

 

仮に1ドル100円として100ドルを円に戻すとします。

為替コストは1ドル1円と想定します。

 

①:100ドルを円に換算:100円X100=10,000円

②:100ドルを円に戻す際の為替コスト:1円X100=100円

③:100ドルを円に戻した時に実際に戻ってくる円:①−②=9,900円

 

ということになります。

 

ややこしいので、これだけは覚えておいてください。

 

米国株を売買する際、為替コストは低い方がいい。

 

楽天証券とSBI証券の為替コスト比較

 

円とドルでの為替コストです。

 

①:楽天証券:1ドル25銭*

②:SBI証券:1ドル4銭**

*期間限定で1ドル4銭になっています。

**住信SBIネット銀行を経由した場合に限る

 

一般的な相場より両者とも為替コストは十分低いです。

 

しかし、SBI証券の1ドル4銭という為替コストは激安です。

 

では、為替コストの差でどれくらいの損失が生まれるのでしょうか?

 

具体的な例を提示して解説していきます。

 

為替コストの差で生まれる損失

 

①:1ドル100円(為替変動なしと想定)

②:為替コスト<楽天証券:1ドル25銭><SBI証券:1ドル4銭>で固定

③:米国ETFのVTIを毎月1株積立購入(分配金の再投資なし)

④:VTIの価格は1株200ドルで固定(非現実的ではありますが便宜上)

 

 

<楽天証券でVTIを20年間積立購入した場合>

①:VTIを毎月1株購入するために必要な費用:100円X200+0.25円X200=20,050円

②:VTIを1年間(12株)購入した際の合計費用:20,050円X12=240,600円

③:VTIを20年間(240株)購入した際の合計費用:240,600円X20=4,812,000円

 

<SBI証券でVTIを20年間積立購入した場合>

①:VTIを毎月1株購入するために必要な費用:100円X200+0.04円+200=20,008円

②:VTIを1年間(12株)購入した際の合計費用:20,008円X12=240,096円

③:VTIを20年間(240株)購入した際の合計費用:240,096円X20=4,801,920円

 

VTIを240株購入する場合、楽天証券の方がSBI証券より約1万円コストが高くなります。

 

毎月積み立てる額や株数が増えるほど、コストの差はさらに大きくなります。

 

詳細は省略しますが、

 

①:VTIを売却した利益をドルから円に戻す

②:VTIの分配金をドルから円に戻す

 

このような時も、楽天証券より為替コストが低いSBI証券に軍配が上がります。

 

 

為替コスト以外の面では、購入時手数料や売買手数料などがありますが、これらに関しては楽天もSBIも同じです。

 

 

ポイント投資は本当にお得?

成長, クレジット, コスト, 利息, ファイナンス, お金, 仕事, 投資, ローン, 支払い, 所得, 富

 

楽天ポイントで米国株の積立購入ができる点は確かに魅力的ではあります。

 

しかし、楽天ポイントといっても米国株積立購入で使用できるポイントは通常ポイントのみです。

 

楽天お買い物マラソンで大量に得られる期間限定ポイントや楽天証券ポイントなどでは、米国株積立購入ができません。

 

楽天経済圏で生きている私としては、この点が非常にマイナスポイントです。

 

そもそもですが、私のような一般市民にとって楽天ポイントを米国株積立購入に使用する必要性は低いと考えています。

 

楽天ポイントを使用するのであれば、

 

①楽天モバイルユーザーなら通信費

②楽天経済圏の住人なら楽天でんきやガスなどの光熱費

 

といった日常生活で必ず発生する固定費にあてた方がよほどお得と考えます。

 

年子パパである私の場合です。

 

楽天市場でオムツ等の生活必需品を楽天カードで購入します。

 

得られた楽天ポイントを楽天でんきのポイント払いにあてます。

 

結果として電気代ほぼ0円で生活できています。

 

楽天の通常ポイントを大量にお持ちの方であればポイント投資もよい手段だと思いますが、そうでなければ固定費削減にポイントを使用することをおすすめします。

 

 

まとめ:投資ではコストに敏感になろう

報告, 経費管理, コスト控除, 収益, データ, 金融, アカウント, 会計士, 手, コーヒー

 

まとめにはいります。

 

米国株積立投資なら楽天証券よりSBI証券
  • ①SBI証券の為替コストが激安
  • ②ポイント投資は本当にお得か微妙

 

投資信託を購入する際と異なり、米国株をはじめとした外国株を購入する際は為替コストに注意する必要があります。

 

投資の大原則は「長期・積立・分散」ではありますが、コストを下げることも投資を成功に導く大切な鍵の一つです。

 

20銭のコスト差を「たった20銭」と思うかどうかはあなた次第です。

 

神は細部に宿ります。

 

楽天証券での米国株積立投資サービスが開始されますが、私個人としては米国株(ETF)積立投資はSBI証券で継続します。

 

一方、楽天証券ではつみたてNISAやiDeCoといったインデックス投資信託の積立投資を行っており、SBI証券と楽天証券の二刀流状態です。

 

証券口座が2つある分手間といえば手間ですが、慣れてしまえばたいした手間ではありません。

 

逆に証券口座を2つ持つことによるメリットもあります。

 

証券口座を複数持つメリット
  • ①:証券会社間の競争によるサービス向上の恩恵が複数から受けられる
  • ②:楽天証券やSBI証券が倒産する可能性もゼロではない
  • ③:一つの証券会社が倒産しても株式移管で投資が継続可能
  • ④:IPO(私はしていません)の当選確率が上がる
  • ⑤:用途によって使い分けられる(例:短期/中期投資→SBI、長期投資→楽天)

 

証券口座も投資スタイルも人それぞれでこれが正解ということはありません。

 

自分にとって心地よく投資を続けられる場所が見つかるといいですね。

 

そもそもですが、楽天証券かSBI証券かで迷っている時点であなたの金融リテラシーはかなり高いのです。

 

今日も最後までありがとうございました。

 

【関連記事】

投資を始めるためには証券口座が必須です。楽天証券、SBI証券、マネックス証券が三大おすすめ証券会社です。間違っても窓口のある証券会社には行ってはいけませんよ。

maoyoshi-papa.com

 

永遠のテーマである「全世界株vs米国株」。迷っている時間があるなら、両方とも積立購入を始めてしまいましょう。

maoyoshi-papa.com

 

投資信託とETFのどちらで積立投資を行うか?優柔不断な性格の私は両方とも積立投資しています。

maoyoshi-papa.com