マオヨシパパのブログ

年子のパパ&サブスリーマラソンランナー&投資家による「お役立ち情報」発信ブログ

【雨でも休むな!】サブスリー達成に役立った「屋内トレーニングアイテム」3選

 

雨で走れない時、何していいか分からない・・・

自宅や屋内でもできる何かいいトレーニングないかしら?

 

こんなお悩みに対する記事です。

 

私がマラソンでサブスリー達成するまでは、悪天候時は外ランは中止し屋内トレーニングをしていました。

 

今となっては、

 

雨でも雪でも外で走るもんね!

 

という完全なランニング馬鹿になってしまいましたが・・・。

 

私がサブスリーを達成するにあたって、これは役に立ったと実感しているトレーニングアイテムを3つ紹介させて頂きます。

 

結論からいきます。

 

屋内でのオススメアイテム
  • ①パワーブリーズ
  • ②腹筋ローラー
  • ③ストレッチポール

 

ひとつずつ解説していきます。

 

パワーブリーズ

 

横隔膜や肋間筋などの呼吸筋を鍛えるトレーニングアイテムです。

 

呼吸筋を鍛えることで深い呼吸が可能になり、運動パフォーマンスの向上が期待できます。

 

お笑い芸人かつマラソンランナーである「猫ひろし」さんもパワーブリーズを使用しているとのことです。

 

実際のアイテムはこちら↓。

 

 

負荷強度に応じて、グリーン(標準負荷)、ブルー(重負荷)、レッド(超重負荷)の3種類が発売されています。さらにそれぞれの中でも負荷を1〜10段階まで調節できます。

 

私はレッドを購入し、少しずつ負荷を高めていくようにしました。

 

最初は負荷レベル1でも辛かったのですが、徐々に負荷を高めても楽にできるようになりました。

 

パワーブリーズをやるようにしてから、走る速度を上げた時の余裕度がずいぶん楽になりました。

 

ちなみにB'zのボーカリストである稲葉さんは、パワーブリーズレッドの負荷10(マックス)を100回するそうです。

 

僕はパワーブリーズレッドの負荷5くらいでもけっこうつらい・・・

 

 

興味がある方は試しにやってみてください。

 

どれだけ稲葉さんがすごいかを身をもって実感できます。

 

 

腹筋ローラー

 

自重の腹筋やプランクなどでも腹筋や体幹は鍛えられますが、腹筋ローラーを使うことでより効率的に腹筋や体幹を鍛えることができます。

 

私が使っている腹筋ローラーはこちら↓。

 

腹筋ローラーといっても色々なタイプがあります。安定感や使いやすさという面で、初心者の方はローラーが2つあるタイプがオススメです。

 

腹筋ローラーを使用する際の最大の注意点は正しい姿勢で行うことです。

 

間違った姿勢で腹筋ローラーをコロコロ転がしていても、トレーニング効果は乏しいのでぜひ正しい姿勢で行ってください。

 

正しい姿勢のコツは、

 

  1. 顔は真下に向ける(≒あごを引く)
  2. おしりの位置は固定
  3. 背中はまっすぐ

 

といったところです。

 

そり腰で腹筋ローラーすると腰をいためちゃうよ

 

言葉では伝わりにくいと思いますので、参考動画リンクを貼っておきます。

 


www.youtube.com

 

腹筋ローラーで体幹を鍛えるようになってから、フルマラソンの後半になってもフォームが崩れにくくなりました。

 

フォームが崩れないことによってムダなエネルギー消費が抑えられます。

 

フルマラソン後半のきついときにペースが落ちにくくなることで、記録は確実によくなります。

 

 

ストレッチポール

 

トレーニングというより身体の歪みを整えるアイテムです。

 

私が使っているものはこちら↓。

 

 

特にデスクワークが多い方は、姿勢がどうしても猫背になりがちです。

 

ランニングをする前にストレッチポールで姿勢を矯正してから走ると、ランニングフォームが格段に良くなります。

 

ランニングだけではなくウォーキングの際も姿勢は重要だね

 

私は「反り腰タイプ」なので、ストレッチポールで腰の反りを矯正するように意識しています。

 

ストレッチポールは、

 

  • 体幹トレーニング
  • 筋膜リリース
  • バランストレーニング

 

などにも使えますので「一家に一本ストレッチポール」と言えるほどオススメです。

 

 

まとめ:継続してこそ意味がある

f:id:yoshiho182:20211114232155j:plain

 

今回のまとめです。

 

屋内でのトレーニングアイテム3選
  • ①パワーブリーズ:呼吸筋トレーニング
  • ②腹筋ローラー:腹筋体幹トレーニング
  • ③ストレッチポール:姿勢矯正トレーニング

 

ランニングのみならずウォーキングや他のスポーツでもオススメです。

 

いくら良いトレーニングアイテムを使っても、継続しないことには意味がありません。

 

1日5分や10分でもいいですから、0と1ではいずれ大きな差が生まれます。

 

無理は禁物だけど、やっぱり「継続が力なり」だね

 

多少の回り道はしてもコツコツ続けた人だけが最終的にゴールへたどり着けます。

 

 

今日も最後までありがとうございました。