まおよしパパのブログ

フリーランス医師が資産形成とランニングで豊かな人生を送るコツを発信します

自分の子供がコロナに感染|医師として父として感じたこと

f:id:yoshiho182:20220407194853p:plain

 

 

先日のブログでもお伝えしましたが、私の子供がコロナに感染しました。

 

経過としては感染翌日から解熱し現在も体調は良好です。

 

 

今回の記事は趣向をかえて、

 

医師として父として我が子のコロナ感染という経験をふまえ、

 

今現時点で率直に感じたことをつづります。

 

 

相変わらずお金や投資に関する記事が続きました。

 

箸休め程度に読んで頂ければ幸いです。

 

 

五感でとらえられないものほど怖い

cherry blossoms

 

  • 視覚
  • 聴覚
  • 嗅覚
  • 触覚
  • 味覚

 

コロナウイルスが蔓延している現実は、五感でとらえられます。

 

しかし、コロナウイルス自体は五感でとらえられません。

 

 

五感でとらえられないものに対する恐怖。

 

見えない敵に対して常に注意を払う精神的苦痛の蓄積。

 

 

コロナが簡単に終息しない原因は、

 

コロナウイルス自体のみならず、

 

感情という諸刃の剣をもった私たちにもあるのですね。

 

 

理論や知識より感情で人は動く

本, 開いた, 本のページ, ハート, 心臓, 葉っぱ, ペーパーバック, 小説, 読む, 教育, 知識

 

「パパ、早く病気治りたい」

 

 

と泣きじゃくりながら高熱に苦しむ娘の姿。

 

 

  • 小児のコロナ感染で重症化は稀
  • 数日のうちに症状が治まることが多い

 

コロナに関する一般的な知識は、私の頭の中に存在していました。

 

 

ところがです。

 

我が子がコロナに感染し苦しむ姿を目の当たりにしたとき、感情が理論や知識を飛び越えていきました。

 

「自分の身には何が起こってもいいから、娘だけは助かって欲しい」

 

無意識のうちにこんなツイートもしてしまいました。

 

 

第三者的に見れば過度の心配でしょう。

 

医師としては判断能力不足と言われるでしょう。

 

 

それでもあえて言わせてください。

 

 

医師だって父親だって人間です。

 

人間は機械ではありません。

 

 

最終的に人を動かすのは心であり感情です。

 

 

未来は誰にも分からない

学生, 学ぶために, 本, 歩く, ランニング, ポスター, 将来, 明日, 今日, マッピング, 大学

 

最近の天気予報は外れなくなりましたね。

 

人工衛星技術の向上なども一因でしょう。

 

 

しかし、天気予報があたるのは自然を相手にしているからです。

 

空は悲しい気持ちだから雨雲を作りません。

 

地球は飽きたからといって反対方向に回りはじめたりしません。

 

 

未来が誰にも分からない原因は、未来を作る人間に感情があるからです。

 

 

コロナ自体には感情はないでしょう。

 

それでも、コロナと対峙している人間に感情があるからこそ、コロナ終息の未来が読めなくなっているのです。

 

 

まとめ

スマイリー, 絵文字, 怒り, 不安, 感情, 玉, 落ち着いて, キャラクター, 陽気な, 混乱している

 

自分の子供がコロナに感染して、医師として父として率直に感じたことをつづりました。

 

医師や父という立場どうこうというより、1人の人間として感じた内容になってしまいましたね。

 

 

明日もみなさまが健康で穏やかな1日を過ごせることを願いつつ、今回の記事を終わりにさせて頂きます。

 

 

今日も最後までありがとうございました。