カブ×マラソン×ファミリー

家族と資産形成とマラソンに人生を捧ぐパパのブログ

高配当株|ハウスメーカー株のおすすめ銘柄と買い時

 

 

ハウスメーカー株って、配当利回りが高いらいしね!

いろんなハウスメーカー株があるけど、どれがいいのかな?

他の人は、どれくらいの株価で購入しているのかな?

 

 

こんなお悩みに対する記事です。

 

 

🖌この記事を書いている人
 ✅ 投資歴:15年(←無駄に長い)
 ✅ 投資スタイル:カメレオン
   ①メイン:インデックス(全世界&全米)
   ②サテライト:高配当(日本個別株&米国ETF)
   ③おまけ:グロース(日本個別株)
 ✅ 家族:妻と年子2人(一姫二太郎)
 ✅ 趣味:ランニング(マラソン26回完走)
 ✅ マラソン自己ベスト:2時間51分10秒 

 

 

今回の記事の結論です。

 

 

💡ハウスメーカー株の買い時
 ✅ 大和ハウス工業:配当利回り>4.0〜4.5%
 ✅ 積水ハウス:配当利回り>4.5〜5.0%

 

 

 

🙇‍♂️まおよしパパからのお願い
 ・今回はハウスメーカー株に関する記事です
 ・長期投資&インカムゲイン(配当)が前提です
 ・短期売買&キャピタル狙いではありません
 ・最終的な投資判断は自己責任でお願いします

 

 

それでは順番に解説していきます。

 

 

 

高配当株|ハウスメーカー株の買い時

建築家, 男, ジャンプ, ジャンピング, 建物, 喜び, 計画, プロフェッショナル, 従業員, ビルダー

 

ハウスメーカーは家を買うところではない

株を買って配当をもらうところ

 

とあるマッチョライオンの迷言名言ですね。

 

 

ハウスメーカー、大手保険会社、メガバンクにしかり、

 

  • テレビCM広告費
  • 無料イベント費用
  • 株主への配当金

 

などはどこから賄われているのでしょうか?

 

 

さて話を元に戻しましょう。

 

 

日本のハウスメーカー株は、

 

  • 高い利益率
  • 高い配当利回り
  • 少ない減配リスク

 

ということで人気がありますね。

 

 

今回は、

 

  • 高配当株としてのハウスメーカー株の買い時

 

について順番に解説していきます。

 

 

日本の代表的な上場ハウスメーカー

 

マイホーム信仰が根強い日本。

 

そんな日本のハウスメーカーの時価総額上位は、

 

  1. 大和ハウス工業 約2兆円
  2. 積水ハウス 約1兆6,000億円
  3. 大東建託 約1兆円
  4. 飯田GHD 約6,000億円
  5. 住友林業 約4,500億円

 

となっています。

 

 

今回は日本を代表するハウスメーカーである、

 

  • 大和ハウス工業
  • 積水ハウス

 

の2銘柄に厳選して解説します。

 

 

1925 大和ハウス工業

 

大和ハウス工業のトップメッセージです。

 

大和ハウスグループは、「生きる歓びを分かち合える世界の実現に向けて、再生と循環の社会インフラと生活文化を創造する」企業を目指し、引き続き企業価値の持続的向上と株主価値創造に努めてまいります。

(引用:トップメッセージ|IR情報 For Investors|大和ハウス工業

 

 

さすが日本トップのハウスメーカー企業。

 

何とも力強いメッセージですね。

 

 

身近なところでは住宅関連のイメージが強い大和ハウス。

 

しかし、

 

  • 戸建住宅
  • 賃貸住宅
  • マンション
  • 事業施設
  • 商業施設
  • 環境エネルギー

 

など様々な事業を展開している企業です。

 

 

ですので、

 

  • 日本の人口は減少傾向
  • 徐々に家を買ったり借りる人が減る
  • 徐々に衰退するだろう

 

という安直な発想での企業評価は難しいですね。

 

 

業績推移

(引用:Kabutan Premium)

 

やや波はありますが、長期で見ればEPS(一株益)は右肩上がりです。

 

ここ数年は、

 

  • 営業利益率:7〜9%
  • ROE:10〜16%

 

で推移しています。

 

 

財務

(引用:Kabutan Premium)

 

  • 自己資本比率:35%前後

 

となっています。

 

他のハウスメーカーと比較しても遜色はありません。

 

 

唯一気がかりな点は、

 

  • 有利子負債倍率がやや右肩上がり

 

ですね。

 

 

チャート

(引用:Kabutan Premium)

2018年1月の天井以降は、やや右肩下がりのチャートになっています。

 

  • 直近PER:9.00
  • 10年平均PER:12.64

 

ということで、現時点では割高感はありません。

 

  • 定期的に分散して積立購入

 

というより、

 

  • 割安になったタイミングで一括購入

 

といった感じですね。

 

 

配当推移

(引用:マネックス証券銘柄スカウター)

 

 

みんな大好き、安定の連続増配です。

 

さらに、

 

株主還元につきましては、不動産開発投資、海外事業や環境投資・M&Aなどの戦略投資、そして研究開発および生産設備等の成長投資に資金を投下し、1株当たりの利益(EPS)を増大させることを以て株主価値向上を図ることを基本方針としております。

配当性向は35%以上、かつ一株当たり配当金額の下限は130円とし、安定的な株主還元に努めるととともに、機動的な自己株式の取得も検討してまいります。

(引用:トップメッセージ|IR情報 For Investors|大和ハウス工業

 

 

ということで、配当下限をしっかり明言しています。

 

 

(引用:株主還元方針・配当金|IR情報 For Investors|大和ハウス工業

 

  • 配当下限が130円

 

高配当株好きが聞いたらよだれがでるフレーズですね。

 

 

配当利回り

(引用:マネックス証券銘柄スカウター)

 

  • 直近の配当利回り:4.39%
  • 5年平均の配当利回り:3.4%

 

現在も決して割高感はありませんね。

 

コロナショック時は、一時的に配当利回り5%以上になりました。

 

 

個人的には、

 

  • 配当利回り>4.0%:ポツポツ購入
  • 配当利回り>4.5%:ガッツリ購入

 

しています。

 

 

1928 積水ハウス

 

この街に

この家に

こころは帰る

家に帰れば

積水ハウス

 

作詞:羽柴秀彦 作曲:小林亜星

 

誰もが一度は見聞きしたことがあるCMも有名ですね。

 

 

積水ハウスのトップメッセージです。

 

積水ハウスは住宅メーカーとして、お客様の幸せを願い、幸せを提供し、幸せを実現させる役割を果たしていくとともに、ESG経営のリーディングカンパニーを目指し、ステークホルダーの皆様に、その使命を形にし、しっかりとお示しする所存です。

相手の幸せを願い、その喜びを我が喜びとする当社の根本哲学「人間愛」の精神は、いつの時代でも未来に向かって脈々と受け継がれていくものと確信しています。

(引用:トップメッセージ | 株主・投資家情報 | 企業・IR・ESG・採用 | 積水ハウス

 

 

大和ハウスよりも人間味がありますね。

 

 

わが家を世界で一番幸せな場所にする

 

 

というグローバルビジョンも明確で好感が持てます。

 

 

業績推移

(引用:Kabutan Premium)

 

2010年に一度だけマイナス成長となっています。

 

しかし、ここ10年ではほぼ右肩上がりの成長を見せています。

 

2022年に過去最高のEPS、さらに2023年度は更新する見込みです。

 

  • 営業利益率:7〜9%
  • ROE:9〜11%

 

でここ10年は推移しています。

 

 

財務

(引用:Kabutan Premium)

 

  • 自己資本比率:約50%
  • 有利子負債倍率:約0.45

 

ということで、問題ありません。

 

一般的には、

 

  • 自己資本比率>40%

 

の企業は倒産リスクが低いと言われています。

 

 

チャート

(引用:Kabutan Premium)


度々暴落に巻き込まれる時期もありますが、概ね右肩上がりのチャートです。

 

コロナショック時は60%程下げましたが、しっかり戻してきています。

 

  • 直近PER:9.10
  • 10年平均PER:11.27

 

ということで、

 

  • 決して割高ではないが
  • すごく割安でもない

 

という状況ですね。

 

 

配当推移

(引用:マネックス証券銘柄スカウター)

大和ハウス工業と同じく連続増配しています。

 

連続増配している銘柄は、長期保有していても安心感が違いますね。

 

 

(引用:https://www.sekisuihouse.co.jp/library/company/financial/library/info/data/__icsFiles/afieldfile/2020/03/19/p20200306.pdf

 

  • 配当性向40%以上
  • 継続的な配当成長

 

株主への還元姿勢もすばらしいですね。

 

 

配当利回り

(引用:マネックス証券銘柄スカウター)

 

  • 直近配当利回り:4.42%
  • 5年平均配当利回り:4.1%

 

ということで、比較的高利回りで安定しています。

 

 

個人的には、

 

  • 配当利回り>4.5%:ポツポツ購入
  • 配当利回り>5.0%:ガッツリ購入

 

としています。

 

 

まとめ

家, 崖, 海, イタリア, チンクエテッレ, 地中海, リグーリア, 村, トラベル, 休暇, 夏, 水

 

まとめにはいります。

 

 

💡ハウスメーカー株の買い時
 ✅ 大和ハウス工業:配当利回り>4.0〜4.5%
 ✅ 積水ハウス:配当利回り>4.5〜5.0%

 

 

高配当株の銘柄を選ぶ際、

 

  • 配当利回り

 

だけに注目してはいけません。

 

 

  • 増配や減配の有無
  • 財務の安定性
  • 企業方針や成長性
  • 他社競合の有無

 

など様々な点を考慮する必要があります。

 

 

大丈夫です。

 

最初からできる人なんていません。

 

もちろん私もまだまだですし、今も勉強中です。

 

 

高配当株に限らず個別株投資の面白いのは、

 

  • 勉強すればするほど
  • 株の知識だけでなく
  • 社会全体の仕組みへの理解が深まり
  • 世界の見方が変わる

 

ところですね。

 

 

インデックス投資も面白いですが、個別株投資もいいですよ。

 

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

【おすすめ書籍】

ジェレミー・シーゲル先生の書籍「株式投資の未来」。最近の投資ブームに乗っかって出版されてい投資関書籍の根源ともいえる書籍ですね。内容はやや難しい部分もありますが、繰り返し精読することで投資家のレベルは間違いなく向上します。

 

 

 

 

 

【関連記事】

人気の商社株の買い時を解説しました。

maoyoshi-papa.com

 

これまでの暴落を振り返ると、ある基点まで日経が下がることは推測できます。

maoyoshi-papa.com

 

極限にシンプルなポートフォリオは、「現金とVTだけ」という話です。

maoyoshi-papa.com