マオヨシパパのブログ

年子のパパ&サブスリーマラソンランナー&投資家による「お役立ち情報」発信ブログ

【ランニングシューズ比較】アシックス メタスピードスカイ vs メタスピードエッジ

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

 

「アシックスの厚底ランニングシューズってどんな感じ?」

「メタスピードスカイとエッジ、結局どっちがいいの?」

 

 

こんな疑問に対して、

 

  • アシックス :ターサー(ジャパン含む)
  • アディダス:匠セン・レン ジャパンブースト アディオスプロ
  • ミズノ:エンペラー
  • ナイキ:ヴェイパーフライ アルファフライ
  • ホカオネオネ:ロケットX

 

以上のシューズ遍歴をもつサブスリーランナーがお答えします。

 

 

今回は、需要が著しく低いと思われるランニングシューズのレビューです。

 

ランニングに興味がない方は、

 

「ランニングしている人ってこんなこと考えてるんだ〜」

 

くらいの軽い気持ちで読んで頂ければ幸いです。

 

 

メタスピードスカイ

f:id:yoshiho182:20211020144710j:plain

 

 

今回27cmを購入しました。

 

 

見た目や配色は自分好みです。

 

 

重さ自体は180gくらいで、他者の厚底シューズよりやや軽めです。

 

 

サイズ感はぴったりという感覚でした。

 

普段からアディダスもナイキも27cmを履いています。

 

 

という感覚ですので、靴下の厚みで調節しています。

 

靴紐の長さもちょうどよいです。

 

メーカーによっては長すぎたり短すぎたりしますが、さすがアシックスですね。

 

ちなみに、ホカオネオネの靴紐はメチャクチャ長いです。

 

 

その場で軽くジャンプすると、ちゃんとカーボンプレートの反発を感じます。

 

ヴェイパーほど、ボヨンボヨンという感覚はありません。

 

 

踵のホールド感はややゆるめという感じですが、ゆるゆるではありません。

 

ヴェイパーほど踵がペラペラではありません。

 

 

メタスピードエッジ

f:id:yoshiho182:20211016132132j:plain

 

こちらも27cmを購入しました。

 

 

スカイとエッジの区別をするために、スカイとは違う色を購入しました。

 

見た目はメタスピードスカイとほとんど変わりません。

 

こちらの配色もカッコイイですね。

 

 

重さは180gとスカイとほぼ同じ。履いてみた感触としても重さは同じ感じです。

 

 

サイズ感は、スカイよりやや幅が狭めでした。

 

特に足指のあたりの幅がスカイより狭く、薄い靴下をはいてもやや窮屈な感触でした。

 

 

靴紐の長さはスカイ同様でちょうどよいです。

 

 

その場で軽くジャンプすると、スカイほどカーボンプレートの反発を感じません。

 

普段からヴェイパー等の厚底を履いている方からすると、

 

「本当に厚底?カーボン入っているの?」

 

と思われるかもしれません。

 

 

踵のホールド感はスカイと同じ感じで、ややゆるめという感じです。

 

 

履いた直後の感触としては、「自分はスカイ好みかな〜」という印象でした。

 

 

スカイとエッジで3.2kmX3本を走ってみた

 

①メタスピードスカイの結果

 

f:id:yoshiho182:20211020150808p:plain

 

平均ピッチ:208

平均ストライド:116

 

金沢マラソンまで2週間ないので、3本目は意識してペースを落としました。

 

 

正直な感想、メチャクチャスピードがでます。

 

足さばきもよく、しっかり反発も得られます。

 

ヴェイパーフライほどの反発はありませんが、アディオスプロと同じくらいの反発が得られる印象です。

 

厚底と薄底のいいとこ取りをしたような感覚です。

 

 

②メタスピードエッジの結果

 

f:id:yoshiho182:20211020151258p:plain

 

平均ピッチ:207

平均ストライド:114

 

メタスピードスカイで走ってから3日後の結果です。

 

体調の問題もあったのか、スピードにのれないという感覚でした。

 

足さばきはいいのですが、反発が少ないです。

 

厚底シューズに慣れてしまったためでしょうか・・・。

 

アディダスの匠シリーズほどではありませんが、厚底シューズというより薄底シューズに近い感覚です。

 

 

スカイとエッジの両方を履いた個人的な感想

 

 

僕がフルマラソンで自己ベストを出した時に履いていたのは、アディダス匠センでした。

 

いわゆる薄底シューズです。

 

その後、厚底ブームにのっかり厚底ばかり履くようにはなりましたが、記録がいっこうに伸びませんでした。

 

子供が生まれて練習時間が減ったこと等の影響もあると思いますが、厚底シューズを履けば誰でも記録が伸びるという訳ではなさそうです。

 

「いいシューズないかなぁ」と色々買ってはみたものの、「これだ!」というシューズには出会えなかったのですが、今回のメタスピードシリーズはかなりよい印象です。

 

 

メーカー曰く、

 

  • スカイはストライド走法向け
  • エッジはピッチ走法向け

 

とのことですが、両方とも実際に履いて走ってみないと分からないと思います。

 

かといって、一足3万円近くしますので、僕自身も両方購入することに非常に抵抗を感じました。

 

それでも購入に踏み切った理由は、「2年ぶりの金沢マラソンを心の底から満喫したい」という思いです。

 

個人的にはメタスピードスカイの方が自分に合っていそうなので、金沢マラソンはメタスピードスカイで出走する予定です。

 

もちろんエッジの方も非常によいシューズです。

 

まとめ:スカイとエッジのオススメ

 

 

独断と偏見で、スカイとエッジをオススメするパターンをまとめます。

 

①厚底が大好きな人→スカイ

②薄底が大好きな人→エッジ

③フラットなコース→スカイ

④上り下りが多いコース→エッジ

 

 

ナイキのヴェイパーやアディダスの厚底を履いても、

 

「なんかしっくりこないなぁ〜」と思っている方はぜひお試しください。

 

 

シューズも大切ですが、一番大切なのは走る人そのものです。

 

速い人は何を履いても速いです。

 

 

寒暖の差が大きくなって、体調を崩しやすい季節になりました。

 

体調管理に気をつけながら、マラソンシーズンを楽しみましょう。

 

 

今日も最後までありがとうございました。