マオヨシパパのブログ

年子のパパ&サブスリーマラソンランナー&投資家による「お役立ち情報」発信ブログ

【マイホーム派は必読】「排水枡の定期掃除」で大事なマイホームを守りましょう

 

排水枡ってなに?どこにあるの?

排水枡って掃除しなきゃいけないの?

 

こんなお悩みに対する記事です。

 

今回の記事で分かること
  • ①排水枡はなに?排水枡どこにあるの?
  • ②排水枡の掃除手順
  • ③排水枡の掃除業者にだまされないコツ

 

マイホームを購入した後も定期的なメンテナンスが必要です。

 

その中でも「排水枡の定期掃除」はマイホーム持ちのパパママ必須のお仕事です。

 

「排水枡」を放置すると大変なことになりますので、ぜひご一読ください。

 

1つずつ解説していきます。

 

排水枡の役目と場所

 

ざっくり説明しますと、排水枡は排水の逆流を防止する部分です。

 

排水枡を定期的に掃除しておかないと、排水が流れず詰まる原因となります。

 

排水が詰まると、台所もお風呂も使えなくなってしまいます。

 

排水枡ちゃんと掃除しないとダメね・・・。でもどこにあるの?

 

一戸建てであれば通常の自宅外にあります。

 

我が家の排水枡は、隣のお宅と我が家の間(我が家の敷地内)にあります。

 

具体的にはこんな感じで、見た目は小さいマンホールのようなものです。

 

f:id:yoshiho182:20211113221241j:plain

 

排水枡の掃除手順

 

 

準備する物リストと用途です。

 

f:id:yoshiho182:20211113222058j:plain

 

  • マイナスドライバー(排水枡のふたをあける)
  • バケツ(汚物を捨てる)
  • ブラシ(配水管を洗う)
  • ザル(バケツにのせて使う)
  • 穴あきおたま(汚物を拾う)
  • ゴム手袋(自分の身を守る)
  • ゴミ袋2つ(汚物と掃除で使ったものを捨てる)

 

自宅にないものは100円均一で購入しましょう。

 

続いて掃除手順です。

 

  1. 排水枡のふたをマイナスドライバーで開ける

    f:id:yoshiho182:20211113222158j:plain


    お見苦しい画像ですが汚物がたまって浮いています。
    半年もたつと汚物もかなりたまります。
  2. 排水枡にういた汚物をおたまで拾う

    穴あきのおたまを使って汚物を拾い上げます。
    ゴム手袋を装着した方が無難です。

  3. そうすると汚水はバケツに流れ、汚物だけがザルに残ります。
  4. ザルをのせたバケツに汚物を捨てる

    f:id:yoshiho182:20211113222543j:plain


    こんな感じでザルをバケツにのせておきます。

    ザルにおたまで拾った汚物を捨てていきます。

    f:id:yoshiho182:20211113222722j:plain

  5. 汚物と掃除器具をゴミ袋に捨てる

  6. バケツの汚水は用水に捨てる

 

以上で終了です。

 

所要時間:約20分

費用:100円均一で購入した掃除用具代400円+α(ゴミ袋代)

 

意外と簡単にできるね!

 

できあがりはこんな感じです。

 

f:id:yoshiho182:20211113222922j:plain

 

すっきりしました。

 

 

排水枡の掃除業者にだまされないコツ

 

私自身はマイホームを購入してから半年に一回の頻度で排水枡掃除をしています。

 

配水管つまり等の経験ありませんが、「配水管および排水枡の無料消毒」というチラシがあり、依頼して業者に来てもらいました。

 

ありゃー。排水枡大分汚れてますね。

そうですかね?(1ヵ月まえに掃除したばっかだけど)

このままだと詰まって大変なことになりますよ。

そうですかね?(3年間全くトラブルないけど)

今なら割引で3万円でお掃除させて頂きますよ。

・・・(こりゃ詐欺だな)

 

丁重にお断りをしました。

 

その後も配水管のトラブルは全く起きていません。

 

無料という広告を出す業者には要注意です。

 

ただほど高い物はありませんとよくいったものですね。

 

 

まとめ:自分の家は自分で守る

 

 

今回の記事のまとめ
  • ①排水枡は排水逆流の防止弁
  • ②排水枡の掃除は手順をふめば簡単で低額で済む
  • ③無料広告を出す排水枡掃除業者は基本無視

 

排水枡掃除は忘れがちで避けがちになりますが、日々安心して暮らすためにも非常に大切です。

 

マイホームは賃貸に比べてメンテナンスが大変ですが、マイホームでの生活は賃貸では得られない満足感が得られます。

 

資産価値は抜きにして、マイホームは家族みんなが気兼ねなく毎日を暮らせる土台です

 

「排水枡の無料点検」や「配水管の無料お掃除」といった広告には要注意です。

 

無料というフレーズは罠であることがほとんどです。

 

保険でも投資でも向こうからよってくるものに手を出してはいけません。

 

本当に必要なものは自ら迎えに行きましょう。

 

 

今日も最期までありがとうございました。