マオヨシパパのブログ

二児のパパ&うつになった泌尿器科医&サブスリーランナーによるお役立ち情報発信ブログ

「コロナワクチン」を受けるパパ&ママへ 共働きパパドクターが伝えたいこと

ご訪問ありがとうございます。

 

サブスリー&パパドクターです。

 

僕の経歴などは、次の記事をご参照ください。

 

 

yoshiho182.hatenadiary.org

 

 

「これからコロナワクチン接種受けるんだけど、なんか心配・・・」

 

 

という、パパやママへお答えします。

 

 

f:id:yoshiho182:20210812155742j:plain

 

Arek SochaによるPixabayからの画像

 

 

結論から述べます。

 

 

「(現状では)ワクチンのメリット>ワクチンのデメリット」

 

「パパとママが同じ日にワクチンを受けることはやめましょう」

 

 

ということです。

 

<目次> 

ワクチンを2回接種する理由は?

 

 

ワクチンは原則2回接種となります。

 

 

2回接種が推奨されている理由は、

 

「2回接種した方がコロナ発症率が低くなる」

 

という研究結果が出ているためです。

 

ただし、今後の研究やワクチン開発により、

 

1回接種でもOK、

 

となればハッピーですね。

 

 

ワクチンの接種間隔は?短くしたり長くしたりできない?

 

 

1回目と2回目の接種間隔は、

 

  • ファイザー製ワクチン 3週間
  • モデルナ製ワクチン  4週間

 

となっております。

 

 

仕事も子育ても忙しいパパやママの場合、

 

 

「きっちり3-4週間後にワクチン接種できないよ!」

 

 

ということがあると思われます。

 

 

ファイザー製のワクチンであれば、

 

「1回目から19日目以降なら2回目の接種は可」

 

となっています。

 

 

 

逆に、

 

「接種間隔をどれだけ空けてもOK?」

 

という点については、

 

まだ明確な結論が出ていない、

 

という現状です。

 

 

普段飲んでいる薬は飲んでよい?

 

 

結論から述べます。

 

「普通通り内服して、ワクチン受けましょう」

 

 

血液がサラサラになる薬を飲んでいる方、

 

普段通り内服しましょう。

 

多少出血しやすくなるかもしれませんが、

 

注射部位をしっかり抑えれば、大抵問題ありません。

 

 

免疫抑制剤など特殊な薬を飲んでいる方、

 

普段通り内服しても大丈夫。

 

なはずですが、

 

心配な方は主治医に相談してみましょう。

 

 

注射や採血で「貧血」にならないか心配 

 

 

「注射や採血が苦手で、以前貧血になって倒れました」

 

という方。

 

注射する前に、医師や看護師に伝えて頂ければ、

 

「ベッドで横になった状態で注射する」

 

ことも可能です。

 

問診票にも記載する欄がありますので、

 

正直におっしゃってくださいね。

 

 

アレルギーが怖い・・・

 

 

アレルギーの最重症が、

 

アナフィラキシー」と呼ばれるものです。

 

アナフィラキシーの頻度は、

 

  • ファイザー製 4.7回/100万回
  • モデルナ製  2.5回/100万回

 

と報告されています。

 

ワクチン接種会場には、

 

医師も看護師もしっかり待機していますので、

 

心配しないで接種してください。

 

ただし、

 

他の薬や食べ物でアナフィラキシーになった方は、

 

ワクチン接種後に通常15分のところ30分間、

 

しっかり様子を見させて頂きます。

 

 

妊婦さんはワクチン受けるべき?

 

 

結論から述べますと、

 

「ワクチンで得られるメリット>デメリット」

 

です。

 

以下、2021年6月の"New England Jorunal of Medicine"に掲載された報告を引用します。

 

 

妊婦さんは、

 

コロナが重症化しやすいと言われています。

 

インフルエンザや他の感染症でも、

 

妊婦さんは重症化しやすいと言われています。

 

 

その理由は、

 

お腹の赤ちゃんによる解剖学的変化(肺や尿路が圧迫される)

 

と考えられています。

 

 

発熱や倦怠感などの副反応は、

 

妊婦さんと一般人で差はありませんでした。

 

 

妊娠経過や出産に関しては、次のような結果です。

 

  • 自然流産   12.6%
  • 死産       0.1%
  • 早産      9.4%
  • 低出生体重   3.2%
  • 先天性異常   2.2%

 

結果として、

 

いずれも自然発生率と差はない

 

という結論でした。

 

 

母体の体内で作られたコロナに対する抗体が、

 

胎盤を通じてあかちゃんも守ってくれる、

 

ということも報告されています。

 

 

以上の結果をふまえても、

 

妊娠中でもワクチンは受けた方がよい印象です。

 

 

意見が分かれるところですが、

 

「器官形成期である妊娠12週前にワクチンをうつかどうか」

 

こちらについては、

 

主治医の先生等とよく相談して決めましょう。

 

 

授乳中のママはワクチン受けてもいい?

 

 

結論から述べます。

 

「ワクチンそのものが、赤ちゃんに影響を与えることはない」

 

とされています。

 

 

ワクチンの成分が、

 

乳腺や母乳に移行する可能性は低いため、

 

赤ちゃんには影響がないとされています。

 

 

パパやママへのワクチン接種後の最大の注意点

 

 

長々と書きましたが、

 

最後に僕自身の経験もふまえて、

 

小さな子供や赤ちゃんがいるパパやママへのアドバイスです。

 

 

ワクチンの副反応(発熱、倦怠感、注射部位の痛み)などで、

 

ママが赤ちゃんの面倒を見れなくなる可能性があります。

 

 

  • 腕が痛くてだっこもできない

  • 熱やだるさで家事ができない

 

などなど。

 

 

パパとママが、同日にワクチン接種することは控えましょう。

 

 

我が家は、ママが副反応でひどい目にあった結果、

 

大変な数日間を過ごすことになりました・・・。

 

 

パパやママが副反応で動けなくなる可能性を考慮して、

 

ワクチン接種に備えてくださいね。

 

 

今日は珍しく医学的な記事を書かせて頂きました。

 

 

少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。

 

 

あと1日頑張ったら週末ですね。

 

 

明日も丁寧に過ごして、ステキな週末を迎えましょう。

 

 

今日もありがとうございました。