マオヨシパパのブログ

二児のパパ&うつになった泌尿器科医&サブスリーランナーによるお役立ち情報発信ブログ

うつになった医師の告白 「うつで失ったこと&得たこと」

ご訪問ありがとうございます。

 

ラソンサブスリー&パパドクターです。

 

僕の経歴などは、次の記事をご参照ください。

 

 

yoshiho182.hatenadiary.org

 

 

 

うつ病になったら人生おしまいだよね・・・」

 

 

こんなお悩みに対して、お答えします。

 

天秤のイラスト

 

結論から述べます。

 

 

「うつになって失ったこともありますが、得たこともあります」 

 

 

うつになって「失ったこと」

 

 

僕自身、

 

うつ病になり、

 

休職となってそのまま退職しました。

 

 

うつになるまでに思い描いていた、

 

 

医者(主に技術面)としての成長

 

 

を失うことになりました。

 

 

その他として、

 

 

お金(給料)

 

医者(勤務医)としての働ける時間

 

退職した職場や医局との関係

 

 

なども失ったことになります。

 

 

うつになって「得たこと」

 

 

うつになって得たというより、

 

休職して得られたこと

 

といった方が正しいかもしれません。

 

 

休職中、

 

医学以外のことを沢山勉強する時間ができました。

 

 

人生観や哲学

 

資産運用

 

副業

 

ブログ

 

簿記やファイナンシャルプランナーの知識

 

ランニングに関する知識

 

経営学

 

等々。

 

 

自分どれだけ、

 

医学以外のことを知らない人間、

 

と痛感する毎日でした。

 

 

勤務医として働き、

 

年子の子育てをして、

 

家事をしていては、

 

体験できなったことが、休職中にできました。

 

 

医者ってどれだけ狭い世界で生きているの。

 

分かってはいたつもりですが、

 

休職して、

 

自分がいた世界を離れたところから見て、

 

初めて分かりました。

 

 

山も地球も、

 

離れたところから見ないと全体が見えませんもんね。

 

 

そして何よりも、

 

「家族のありがたさ」

 

を痛感させられました。

 

 

うつ≠人生のおわり うつ=人生のはじまり

 

 

こんな言い方をしたら不謹慎であることを、

 

重々承知して書きます。

 

 

僕自身、

 

 

「うつになって失ったこと」<「うつになって得たこと」

 

 

という状態です。

 

 

だからといって、

 

「うつになって休職しましょう」

 

ということではありあせん。

 

 

「うつになって失ったこと」<「うつになって得たこと」

 

と思えるようになったのは、

 

うつ病自体が良くなってきているからです。

 

 

うつ病は周りの方々の協力が欠かせない病気です。

 

主治医の先生

 

家族

 

友人

 

等々。

 

 

幸い、僕には周囲の助けがありました。

 

周囲の助けがなければ、

 

ブログを書くどころか、

 

この世から既にいなかったかもしれません。

 

 

うつ病で苦しんでいる方へ、

 

絶対良くなると信じてください。

 

 

うつになったのは、

 

あなたを含めて誰のせいでもありません。

 

 

うつになっても、

 

失うばかりではなく得られることも沢山あります。

 

 

今日も生きていることが、当たり前ではありません。

 

 

明日から平日運転に入りますが、

 

慣らし運転で丁寧にアクセルを踏みましょう。

 

 

今日もありがとうございました。