マオヨシパパのブログ

二児のパパ&うつになった泌尿器科医&サブスリーランナーによるお役立ち情報発信ブログ

実録! 共働き医師家庭の子育て日常リアル

ご訪問ありがとうございます。

 

サブスリー&パパドクターと申します。

 

僕の経歴などは、次の記事をご参照ください。

 

 

yoshiho182.hatenadiary.org

 

 

「共働きしながらの子育て、大変なのかな?」

 

「医者と結婚したら、どんな生活になるのかな?」

 

 

こんな疑問をお持ちの方に対して、

 

自分:医師(30歳台後半)

妻 :医師(30歳台後半)

子供:4歳と2歳(年子)

 

の4人暮らしをしている僕がお答えします。

 

 

共働き夫婦のイラスト

 

 

結論から述べます。

 

 

「金銭的には余裕はあるが、肉体および精神的にはヘロヘロな生活」

 

 

です。

 

 

子育ての忙しさ

 

 

このブログを読んでくだっさているあなたが、

 

パパやママであるなら、

 

言うまでもありませんよね。

 

 

毎日本当にお疲れ様です。

 

 

子供が生まれると、生活の中心は子供になります。

 

 

 

保育園の準備(連絡帳記載、着替えなど)

 

おむつ交換や着替え

 

トイレの介助

 

ミルクや食事の準備&世話

 

保育園の送迎&お迎え

 

子供が2人いればケンカ仲裁

 

絵本読みや遊び相手

 

風呂入れ

 

寝かしつけ

 

夜なきの対応

 

病気(ほぼ風邪)になったときの対応

 

 

あげればきりがありません。

 

 

これに掃除や洗濯などの家事も加わります。

 

気がついたら1日が終わっているという感じです。

 

自分のことをする時間は、ほぼゼロです。

 

 

共働き医師の1日スケジュール公開

 

 

僕が勤務医で働いていた時の1日スケジュールをお示しします。

 

 

05:00 起床 朝食準備開始

 

06:00 妻や子供たちが起き始める(夏場はもっと早起き)

 

06:30 シャワー 朝食(ほとんど食べられない) 着替え

 

07:00 家出発し勤務先へ(車通勤で1時間以上)

 

08:30 勤務開始(実際は8:00頃から病棟回診など)

 

通常午前中に外来業務

 

昼飯+昼休憩は5〜10分

 

通常午後は手術または処置

 

18:00 業務終了(早くてこの時間 遅いと21時過ぎる)

 

19:30 自宅到着

     風呂入れ/寝かしつけ等々

 

22:00 自分たちの食事作り+食事

 

23:00 食事の片付けや洗濯などの家事

    明日の保育園準備等々

 

01:00 就寝(早くてこの時間)

 

 

このスケジュールに加えて、

 

 

月2-3回の当直業務

 

何時呼ばれるか分からないオンコール

 

 

が加わります。

 

 

ひどいときは夜中の2時に呼ばれ、

 

1時間かけて勤務先に出向き、

 

1時間かけて処置を済ませ、

 

1時間かけて自宅に戻り、

 

1時間だけ寝て、朝食準備。

 

 

ということもざらではありません。

 

 

「病院の近くに住んだら?」

「単身赴任したら?」

 

と思われた方へ。

 

マイホーム購入したてで、ローン35年です。

 

小さな子供2人を、妻1人で面倒見切れません。

 

 

医師と結婚を考えている方へ

 

 

医師全員が僕のような生活を送っているわけではありません。

 

 

しかし、僕以上に忙しい医師も少なくありません。

 

 

収入面では、安定しているかもしれませんが、

 

あなたが思い描く結婚生活が送れるかどうか、

 

今一度考えるきっかけになれば幸いです。

 

 

医師同士で結婚を考えている方へ

 

 

断言します。

 

 

子供や家庭をとるか

 

キャリアをとるか

 

 

あらかじめパートナーとよく相談しておいた方がよいと思います。

 

 

僕と妻は結婚する前から、

 

 

子育てや家族>医師としてのキャリア

 

 

という共通の価値観で生活してきましたし、

 

今もこの価値観は変わっていません。

 

 

教授になりたい

 

研究者として世界に羽ばたきたい

 

手術で日本一になりたい

 

 

という大きな野望や夢をお持ちの方、

 

 

家庭や子育てはあきらめてください。

 

 

これくらいの覚悟がないと、やっていけません。

 

 

逆にそれだけ、

 

子育ては大変

 

ということを知って欲しいと思います。

 

 

子育てを経験していない上司の元で働いている先生方へ。

 

口では「子育て大変だね〜」とか上司が言っていたとしても、

 

上司はあなたの大変さは絶対理解できません。

 

残念ながら、これが現実です。

 

 

かといって、

 

子育てが忙しいから本業(医師)は手を抜く、

 

なんてことは微塵にも思っていません。

 

 

隙間時間を利用して、

 

医者としてのスキル向上に、

 

日々努めるべきです。

 

 

僕自身、

 

 

論文を読みながら昼食を食べる

 

手術動画を見ながら昼食を食べる

 

医学系pod castを聴きながら通勤時間を過ごす

 

 

等をして、医師としてのスキル向上や維持に取り組んでいました。

 

 

 

子育ての中にも、

 

医者としてのスキル向上につながることは、

 

多々あります。

 

 

そして、

 

子供は大変だけど、

 

子供からもらえる幸せはプライスレスです。

 

 

僕自身、うつにはなっちゃいましたが、

 

妻と子供2人がいない生活は考えられません。

 

 

 

コロナでステイホームの夏休みとなりそうです。

 

世界でもコロナ再増加中であり、

 

ワクチンを打ったからといって、油断はできません。

 

 

明日も丁寧に過ごしていきましょう。

 

 

今日もありがとうございました。