マオヨシパパのブログ

二児のパパ&うつになった泌尿器科医&サブスリーランナーによるお役立ち情報発信ブログ

のび太に教えたい! ママに怒られた時の対応マニュアル

ご訪問ありがとうございます。

 

「うつになったサブスリー&パパドクター」です。

 

 

玉子(のび太ママ):

のび太!テストでまた0点とったの!!!」

 

のび太

「ひぇ〜〜。ドラえも〜ん!!!助けて〜!!!」

 

 

幼稚園の先生に怒られまくっていた僕が、

 

ヒミツ道具を出す代わりに、

 

のび太くんが怒られなくなる方法

 

伝えたいと思います。

 

 

f:id:yoshiho182:20210723224048j:plain

 

Free-PhotosによるPixabayからの画像

 

 

結論から述べます。

 

「感情の動き」を「現象」としてとらえよう

 

ということです。

 

 

出来杉くんに言ったら、「なるほど!」と言われそうです。

 

しかし、

 

のび太くんに言ったら、「???」となるでしょう。

 

 

のび太くんにも分かるように解説していきます。

 

 

怒られた時は「なぜ」と考える

 

 

相手が自分に対して怒りの感情をみせたとき、

 

「なぜ相手は怒りという感情を自分にみせてくるのか?」

 

と考えるということです。

 

 

このように考えることで、

 

 

客観的な視点で物事を見ることができる

 

問題の解決策がみつけやすくなる

 

 

というメリットがあります。

  

 

ところで、

 

なぜ玉子さん(のび太のママ)はのび太くんを怒ったのでしょうか?

 

たまたま機嫌が悪かった?

 

0点を繰り返しているのに反省していないから?

 

これを掘り下げると別のテーマになりそうなので、今回は割愛・・・。

 

 

とここまで説明はしましたが、

 

そう簡単にできるものではありません。

 

 

ヤクザみたいな人に突然怒られたら、

 

誰だって「うゎ〜」ってなりますよね。

 

 

ヤクザみたいな人に突然怒られたとき、

 

「なんでこのおっさん、自分に怒っているのだろう?」

 

と冷静に考えられる、あなた。

 

天才です。

 

 

玉子(のび太ママ):

のび太!テストでまた0点とったの!!!」

 

のび太

「ママは何で僕に対して怒りの感情をあらわしたのだろう?」

ドラえもん、ママがなんで怒っているか教えてくれる道具を出して!」

 

 

のび太くんが突然こんなことをいうようになったら、

 

ドラえもんは涙を流して未来に帰るでしょう・・・。

 

 

考え方は継続してこそ自分のものになる

 

 

怒られた時に、

 

「なんでこの人怒っているのだろう?」

 

と考えること。

 

 

明日からいきなりできるようになる必要はありません。

 

僕も100%どころか、10%くらいしかできていません。

 

毎日少しずつでもいいので、一緒に考える習慣を始めてみましょう。

 

 

地味ですが、やっぱり継続は力です。

 

 

ドラえもんのヒミツ道具は魅力的ですが、

 

結局その場しのぎでしかありません。

 

 

子育て

 

ランニング

 

投資(お金&自己投資)

 

 

近道はなくコツコツやっていくしかありません。

 

 

いよいよオリンピックが開幕しました。

 

色々とバタバタする中、ご訪問いただきありがとうございました。

 

 

明日も丁寧に過ごしたいと思います。